CoinPostで今最も読まれています

エンタープライズ向けブロックチェーンSymbolでDeFiを後押し|NEM寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーンおよび広義には金融サービス業界において、DeFiの重要性が高まってきていることをネムは認識しています。そしてネムは、DeFiがもたらした非常に大きな可能性を活用したいと考えるパートナーをサポートする方法を積極的に模索しています。

DeFiとは?|寄稿:NEM

DeFiとは、ブロックチェーン技術で最も発展が進んでいる領域のひとつです。従来の金融機関に見過ごされてきた個人や企業に向けて、あらゆる種類の金融商品およびサービスへのアクセスが提供できるという点で、DeFiは非常に刺激的です。

DeFiでは、貸し借り、保険および投資などの金融商品を通じて、従来の金融システムに取って代わるものが提供されています。

DeFiの哲学の根幹は、現在の中央集権機関での限界や短所に取り組むことにあります。多くの分野において、仲介者、単一障害点、腐敗、および手数料を取り除くことを軸としているDeFiが、従来のシステムよりも優れている可能性があります。

DeFiは分散型かつパーミッションレスなため、参入障壁がほとんどありません。手間のかかる許可の取得や従来のような口座開設の必要性を排除し誰でも参加できるようにすることで、高度な公平性がもたらされます。

スマートコントラクトが機能することを主な理由に、DeFiプロダクトおよびサービスのほぼ全てがイーサリアム上で構築されています。スマートコントラクトによって、仲介者および書類手続きの必要性がなくなりますが、スマートコントラクトの変更はできないため、柔軟性に欠けています。

それに加え、イーサリアム上での構築に伴う実質コストとスピードに関連したスケーラビリティの問題を考えると、DeFiが真にその可能性に実現するために乗り越えるべきこれらの課題に対する優れた解決策として、市場が代替案に注目していることは、驚くべきことではありません。

SymbolがDeFiの普及促進に最適な理由

現在、DeFiへの参入を考えている組織がシームレスにDeFiを採用する上で3つの大きな障壁があります。それらをSymbolは解決できると信じています。

1.スケーラビリティ

Symbolのトランザクション処理能力は他よりも高いため、個人から企業に至るまで多くのDeFiユーザーに対応できます。

Symbolは、パブリックおよびプライベートブロックチェーンのハイブリッドチェーンであり、企業が不要なコストおよび複雑さを回避するためのソリューションとして設計されているため、イーサリアムスマートコントラクトのように、スケーリングが難しいことで手数料が高くなってしまうことを、防ぐことができます。

プラグインベースのビジネス機能を搭載したSymbolは、テスト済みで即座に利用できるので、迅速かつコスト効率の良い構築が可能です。

Symbolは、DeFiプロダクトおよびサービス構築の際に体験するであろうスケーラビリティ問題に解決に役立つかもしれません。

2.流動性と担保

DeFiでは、イーサリアムの他、DaiやUSDCが担保にされています。しかし、このようにイーサリアムへの依存が過度に大きいことは、ビットコインのような他の担保タイプをDeFiへ持ち込むためにはサイドチェーンを介して行うことが、この障壁の打開策であることは明らかです。

Symbolは、クロスチェーン間の相互運用ができるように設計されています。アトミックスワップおよび複数のレベルでのマルチシグ機能を介して、DeFiシステムの担保をサポートする上で、Symbolは最適なソリューションとなるでしょう。

3.ボラティリティ軽減

現在、DeFiの主なユースケースは、イーサリアムでの「ロング」の円滑化です。つまり、トークンを購入して価値が上昇するのを待っているだけです。P2Pのレンディングが主流となって初めてDeFiはブレイクし、本当の価値を創造することができます(小規模金融、小企業向けレンディング、および開業資金など)。

Symbolは、今日最も効果的な企業向けのブロックチェーンです。Symbolは、現実世界での利用向けに設計されており、革新的なDeFiプロダクトを創造したいどのような企業でも、簡単に利用および構築が可能なので、企業とブロックチェーンのコネクターとなります。

要するに、DeFiの可能性を最大限に活かし、迅速かつ効果的にコスト効率良く、全ての人が金融システムにアクセスできるようにするという大きな野望を実現するためには、Symbolは素晴らしい選択肢である、ということです。

相互運用性、簡単に利用できること、およびプライベートとパブリックのハイブリッドチェーンが組み合わさっていることで、安全かつ迅速で低コストな大規模なトランザクション処理が可能になり、SymbolはDeFi発展を次の段階に進める最前線に位置しています。

Symbolがどのようにして自身のDeFiプロジェクトの価値を高めているのかについてさらに興味がある場合は、こちらからご連絡ください。

Symbolについては、こちらをご覧ください。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/27 金曜日
07:20
NYダウ5日続伸 強い米GDPも景気鈍化の兆しか|27日
本日のニューヨークダウは5日続伸。GDPが予想よりも速いペースで増加した結果、マイルドな景気後退への期待は高まった。ビットコインは23,000ドル台を維持している。
01/26 木曜日
16:34
2023年のビットコインマイナーの売り圧力は? Galaxy Digitalが分析
米大手仮想通貨投資企業Galaxy Digital社は、2022年末のマイニング産業の分析レポートを発行した。資金調達手段の限られた多くのマイナーがサバイバルモードにあり、2024年のビットコイン半減期までは継続すると見られている。
12:37
米サークル社がSECを非難「SPAC株式上場計画の頓挫に責任あり」
ステーブルコイン「USDC」を運営する米サークル社は、特別目的買収会社を通じた株式市場への上場計画が頓挫したのは、米証券取引委員会の不作為によるものだとして、規制当局を非難した。
12:32
Lido、イーサリアム出金方法を投票へ
リキッドステーキングプロトコルLido Financeで、仮想通貨イーサリアムの出金方法に関する提案書が提出された。LidoはETHのステーキングサービスのトップシェアを占める。
12:07
ビットコイン調整入りせず続伸、APTは前週比137%高と高騰
米金利引き上げペースの鈍化予想と堅調な米株指数に支えられ、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)相場は調整入りを否定して続伸した。アルト相場ではAptos(APT)が高騰したほか、金融市場ではゴールド価格も大幅高となっている。
11:55
セルシウス、債務返済のための新トークン発行を検討
破綻した仮想通貨融資企業セルシウスは、債権者に返済するために新たにトークンを発行する可能性を検討している。破産裁判所はフレアトークン付与や一部ユーザーの出金を認めた。
11:35
SushiSwap、パーペチュアル取引を提供へ
分散型の仮想通貨取引所SushiSwapが、Sei Networkでパーペチュアル取引をリリースする計画がわかった。Sei Networkはトレーディング向けにカスタムメイドされている。
10:15
Moonbirds発行企業の創設者、1億円超のNFT盗難被害か
NFTコレクションMoonbirdsを手掛けるProofのKevin Rose共同創設者は、自身の仮想通貨ウォレットがハッキングされ、保有するNFTが盗まれたと公表した。
09:45
ナイキのWeb3「.SWOOSH」、ユーザー参加型コンテスト開催
ナイキが提供するWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」は、ユーザーが参加できるデザインコンテストを発表。受賞したユーザーはナイキのデザイナーと共同してデジタルスニーカーを作成できる。
08:00
米コインベース、2銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは26日、2つの銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:45
ロビンフッドのSNS、ハッカーが仮想通貨詐欺に悪用
仮想通貨などの投資アプリを提供する米ロビンフッドは、ツイッターアカウントが乗っ取られた。偽の仮想通貨を売りつけるハッカーの詐欺の手口が明らかになっている。
07:30
テスラ決算でBTC保有継続判明|26日金融短観
本日のニューヨークダウは一時400ドル超下落するも買い戻しが入り反発。仮想通貨市場ではアプトス(APT)が過去最高値をつけている。
01/25 水曜日
18:05
ステーブルコインのガイドライン改正、専門家や弁護士の見解は|CONNECTV・動画解説
今回のCONNECTVでは、JPYC代表の岡部典考氏と弁護士の落合一樹氏をお呼びして、新しく改正されたステーブルコインのガイドラインについて、何を注目しているかを伺った。
16:36
ImmutableXでAAAタイトルのゲーム開発へ
イーサリアムのL2スケーリングソリューションImmutableXは、高品質なMMORPGゲーム「Search for Animera」の開発計画について発表。基本プレイ無料だが、ジェネシスNFTの保有者だけが限定版にアクセスできる。
14:15
デロイトなど、Web3時代のクリエイター支援プラットフォーム立ち上げへ
株式会社ビジュアルボイスとデロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、Web3時代のクリエイター支援プラットフォームを今春提供開始すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧