仮想通貨出金停止中のOKEx、ビットコインの資金管理に「単一署名」=中国報道

OKExはマルチシグではない?

今も暗号資産(仮想通貨)の出金が停止中の中華系大手取引所OKExについて、ビットコイン(BTC)の管理方法(コールドウォレット)が複数人の署名で送金が可能な「マルチ・シグネチャー(複数署名)」ではなく、拘束された創設者Star Xu氏が一人で管理している可能性が浮上した。中国大手ブロックチェーンメディア金色財経などがOKExの役員に近い情報筋として報道した。

報道によると、OKExはアルトコインのウォレットは「マルチ・シグネチャー」の仕組みが採用されている一方で、ビットコインのコールドウォレットの管理に限り「シングル・シグネチャー」で管理していた。OKExが預かる約20万BTC(約2700億円)のうちがコールドウォレット分の出金権限を、Xu氏一人に集約していたことになる。

マルチ・シグネチャー(マルチシグ)は、仮想通貨を送付する際の権限を分散管理する仕組みのことで、マルチシグのアドレスに複数の署名を必要とすることでセキュリティを強化する施策の一つだ。

OKExのビットコインウォレットがシングル・シグネチャー(単一署名)で管理されていることは、OKExのCSOであるKun Xu氏がWeiboで顧客と行なった会話でも確認されていると、金色財経は説明している。

また、取引所のような巨額資産を預かるケースでは、マルチシグを採用するケースが多く、大手取引所が巨額資金をシングル・シグネチャーで管理していることは不可解だと指摘した。

OKExの動向

OKExは10月16日、取引所の仮想通貨ウォレット入出金権限を持つOKExの「関係者」が公安機関の調査を受けている理由で、出金にあたる認証作業に影響が生じていると発表。その後、OKExの創業者のXu氏が公安に逮捕され取調べを受けていることが報じられたが、OKEx側は、Xu氏の逮捕は「個人の事情に関連し、取引所とは無関係」と説明していた。

当時、中国事情通の龍門CAPITAL日本代表Sonny Wang氏は、「日本の取調べと違う点は中国当局の取調べの期間は最長13年まで延長できるので、送検しないままずっと警察署で何年も出れない人はザラにいる。逮捕より厳しい」と状況を説明している。

取調べの状況に加え、シングル・シグネチャーでビットコインを管理している状況である場合、ビットコインの出金目処の先行きはより不透明となる。

対応策としてはOKExは21日、一部の顧客が法定通貨として出金できる迂回策と見られるP2P取引を再開した。換金できる法定通貨は、中国人民元(CNY)、インド・ルピー(INR)、ベトナム・ドン(VND)の3ペア。OKExを利用しているのは、中華系トレーダー以外、欧州などのトレーダーも多いことから、全てのユーザーが資金を現金化して回収することは現状難しいとの指摘もある。

関連仮想通貨出金停止中のOKEx、法定通貨P2P取引を開始

追記内容:OKExが単一署名を否定

金色財経の報道を受け、OKExは仮想通貨メディアDecryptの取材に対して、「単一署名(シングルシグネチャ)」に関する報道内容を否定した。

実際、ビットコインのコールドウォレットを「単一署名」で管理しているかについて質問したところ、OKExの代表者は以前公開したイーサリアムクラシック(ETC)の51%攻撃に関する報告書でも説明した、「マルチ・シグネチャー」を利用してコールドウォレットおよびホットウォレットを管理している仕組みを引用し回答した。

当時のレポートで報告したように、OKExが管理する資金の95%はコールドウォレットに預けており、マルチ・シグネチャーにおける秘密鍵は、北京事務所と米西海岸事務所にいる「管理人」によって管理されているとしている。

しかし、現時点では仮想通貨の出金が再開してないことから、実質的な移動権利の分散(マルチ・シグネチャー)における送金面での対策は機能しているとは言い難い。具体的な問題点が見えない中で、OKExにおける出金問題は今後も追求されることとなりそうだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します