CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨出金停止中のOKEx、ビットコインの資金管理に「単一署名」=中国報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

OKExはマルチシグではない?

今も暗号資産(仮想通貨)の出金が停止中の中華系大手取引所OKExについて、ビットコイン(BTC)の管理方法(コールドウォレット)が複数人の署名で送金が可能な「マルチ・シグネチャー(複数署名)」ではなく、拘束された創設者Star Xu氏が一人で管理している可能性が浮上した。中国大手ブロックチェーンメディア金色財経などがOKExの役員に近い情報筋として報道した。

報道によると、OKExはアルトコインのウォレットは「マルチ・シグネチャー」の仕組みが採用されている一方で、ビットコインのコールドウォレットの管理に限り「シングル・シグネチャー」で管理していた。OKExが預かる約20万BTC(約2700億円)のうちがコールドウォレット分の出金権限を、Xu氏一人に集約していたことになる。

マルチ・シグネチャー(マルチシグ)は、仮想通貨を送付する際の権限を分散管理する仕組みのことで、マルチシグのアドレスに複数の署名を必要とすることでセキュリティを強化する施策の一つだ。

OKExのビットコインウォレットがシングル・シグネチャー(単一署名)で管理されていることは、OKExのCSOであるKun Xu氏がWeiboで顧客と行なった会話でも確認されていると、金色財経は説明している。

また、取引所のような巨額資産を預かるケースでは、マルチシグを採用するケースが多く、大手取引所が巨額資金をシングル・シグネチャーで管理していることは不可解だと指摘した。

OKExの動向

OKExは10月16日、取引所の仮想通貨ウォレット入出金権限を持つOKExの「関係者」が公安機関の調査を受けている理由で、出金にあたる認証作業に影響が生じていると発表。その後、OKExの創業者のXu氏が公安に逮捕され取調べを受けていることが報じられたが、OKEx側は、Xu氏の逮捕は「個人の事情に関連し、取引所とは無関係」と説明していた。

当時、中国事情通の龍門CAPITAL日本代表Sonny Wang氏は、「日本の取調べと違う点は中国当局の取調べの期間は最長13年まで延長できるので、送検しないままずっと警察署で何年も出れない人はザラにいる。逮捕より厳しい」と状況を説明している。

取調べの状況に加え、シングル・シグネチャーでビットコインを管理している状況である場合、ビットコインの出金目処の先行きはより不透明となる。

対応策としてはOKExは21日、一部の顧客が法定通貨として出金できる迂回策と見られるP2P取引を再開した。換金できる法定通貨は、中国人民元(CNY)、インド・ルピー(INR)、ベトナム・ドン(VND)の3ペア。OKExを利用しているのは、中華系トレーダー以外、欧州などのトレーダーも多いことから、全てのユーザーが資金を現金化して回収することは現状難しいとの指摘もある。

関連仮想通貨出金停止中のOKEx、法定通貨P2P取引を開始

追記内容:OKExが単一署名を否定

金色財経の報道を受け、OKExは仮想通貨メディアDecryptの取材に対して、「単一署名(シングルシグネチャ)」に関する報道内容を否定した。

実際、ビットコインのコールドウォレットを「単一署名」で管理しているかについて質問したところ、OKExの代表者は以前公開したイーサリアムクラシック(ETC)の51%攻撃に関する報告書でも説明した、「マルチ・シグネチャー」を利用してコールドウォレットおよびホットウォレットを管理している仕組みを引用し回答した。

当時のレポートで報告したように、OKExが管理する資金の95%はコールドウォレットに預けており、マルチ・シグネチャーにおける秘密鍵は、北京事務所と米西海岸事務所にいる「管理人」によって管理されているとしている。

しかし、現時点では仮想通貨の出金が再開してないことから、実質的な移動権利の分散(マルチ・シグネチャー)における送金面での対策は機能しているとは言い難い。具体的な問題点が見えない中で、OKExにおける出金問題は今後も追求されることとなりそうだ。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/19 日曜日
11:30
オプション市場では6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中、翌週の展望は?|bitbankアナリスト寄稿
CPI発表後のテクニカル分析や6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中するオプション市場を踏まえ、bitbankのアナリスト長谷川氏がビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊ニュース|金持ち父さん著者キヨサキ氏のBTC投資推奨に高い関心
今週は、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏による仮想通貨ビットコイン・金・銀投資の推奨、ジャック・ドーシー氏のビットコインについての発言、GameStop株やミームコインの暴騰に関するニュースが最も関心を集めた。
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア