大型材料控えるイーサリアム急騰、リスク選好でビットコインも一段高

ビットコイン市況

5日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン(BTC)価格は、前日比+2.07%の148万円(14220ドル)に。14,000ドルを再び回復した。

TheBlockによれば、CMEのBTC先物では、オーバーナイト取引が史上最高値を記録。年平均を75%上回る33,500BTC相当に達した。大規模なOI(未決済建玉)を有する機関投資家数は、前月比20%増の102まで増加している。

出典:TheBlock

大統領選と株式市場

4日の米NYダウ平均が、前日比367.63ドル高の2万7847.66ドルと続伸。5日の日経平均株価、約9カ月半ぶりに2万4000円台を回復するなどリスク選好が強まったこともプラスに。

トランプ大統領の所属する保守派の共和党が上院の過半数を維持するとの観測が広がったことで、バイデン大統領候補の政策方針で懸念されていた、増税や規制強化への懸念が後退したことも追い風となった。

一方、米大統領選の接戦を受け、終局がもつれ込んでいる。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で急増した「郵便投票」の集計に時間がかかっていることが理由の一つだ。トランプ大統領は、郵便投票の実効性をめぐり、不正申し立てで法廷闘争に持ち込む構えも見せており、泥沼化する可能性がある。

そうなれば、実体経済に影響を及ぼすコロナ対策の財政出動にも影響が生じるため、マーケットには悪材料か。

ProChainCapitalのDavidTawil CEOは、「株式市場の混乱が長引けば、仮想通貨市場にはプラスになる」との認識を示した。代替資産としての性質が避難先として機能することが念頭にあるものと思われる。

20年8月から10月にかけて、上場企業のMicroStrategy、Squareが、米ドルヘッジとして巨額のビットコイン保有に動いた。世界で3億人以上が利用する米大手決済企業PayPalの仮想通貨市場参入も相場高騰の追い風となっており、現物買いの需要が高まっている。

関連:PayPal、仮想通貨関連サービスを開始か──ビットコイン購入の報告事例

大型材料控えるイーサリアムが強気

仮想通貨イーサリアムが、前日比8%高と上昇。400ドルを回復した。

ETH/USD 日足

次世代イーサリアム「ETH2.0」に向けた材料が好感された。

イーサリアムでは、ETH2.0のフェーズ0における「デポジットコントラクト」を含むバージョン1.0を4日に実装。ステーキング参加者のデポジット(保有)が基準値に達すれば、日本時間12月1日21時に「ジェネシスブロック」が作成、正式ローンチされる見込みとなる。ジェネシスブロックは、ブロックチェーン上で初めて作られる記念すべき「block0」を指すものだ。

未知の領域である仮想通貨の開発・大型アップデートにはさまざまな障壁があり、アクシデントによる大幅な開発遅延が通例となるなか、スケジュール通りの進捗となればポジティブに受け取られるだろう。

ステーキングは2.0アップグレードの特徴の1つであり、投資家は最低32ETH〜をバリデーターに預けることで、ネットワーク報酬を獲得することができる。年利6〜20%になると予想されるが、これは実行されるバリデーター数とイーサリアムネットワークの使用頻度によっても変化する。

出典:イーサリアムブログ

予行演習が行われたデポジットコントラクトは、ETH2.0のフェーズ0に当たるビーコンチェーンで、ステーキングを行うための契約機能のこと。現在のネットワークであるETH1.0上にデプロイされ、ETH2.0との架け橋になる。

ビーコンチェーン上では、32ETHをデポジットしてバリデータノードを運用することでバリデータ報酬を得ることができるが、フェーズ1.5のシャードチェーンが実装されるまで、仕組み上ステーキング報酬を引き出すことはできない。

2.0ネットワークを立ち上げるには、計524,288ETH(220億円相当)のデポジットが求められるが、5日昼時点ですでに14,597ETH(6.1億円相当)が預けられており、急増している。ETH2.0のフェーズ0は、ネットワークを保護するコンセンサスメカニズムが機能し、資産を保護するのに十分な資金があることを確立するプロセスとなる。

ETH Launchpad

ETH2.0のロードマップ

イーサリアム財団が示す、ETH2.0のロードマップは以下の通り。

  • フェーズ0:2020年(バリデータを管理する「ビーコンチェーン/Beacon Chain」実装)
  • フェーズ1:2021年(ユーザーが利用する「シャードチェーン」実装)
  • フェーズ1.5:2021年(シャードチェーン・メインネット稼働、PoS移行)
  • フェーズ2:2021年〜(シャードチェーンの全稼働)

関連仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

関連イーサリアムのステーキングは高利回り?株式配当と比較したリスク・リターンを独自考察


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します