CoinPostで今最も読まれています

BinanceとBitfinexが非実用的な政策を理由にアジア地域から完全撤退か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BinanceとBitfinexのアジア撤退
非実用的な政策を理由に、世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceがアジアからマルタに移転することを決め、同様に最大級の仮想通貨取引所であるBitfinexもスイスへの移転を検討しています。
アジアの競争力の低下
この主要取引所の撤退を始め、今後も多くの主要ブロックチェーンビジネスがアジアからヨーロッパに移転し続けると、日本及び、韓国、香港などのアジア諸国は市場占有率だけでなく、その分野の国際競争力の低下にも繋がってしまうと考えられています。

最大級の国際仮想通貨取引所であるBinance及び、Bitfinex2018年に非実用的な政策を理由にアジアから完全撤退するかも知れません

Binanceとマルタ

先週、世界最大の仮想通貨取引所で1日$14億(約1480億円)の取引高を誇るBinanceがアジアから撤退し、欧州連合に属するマルタに移転すると決断しました。

公式の発表では、Binanceチーム及び、同社CEOを務め、コミュニティ内でCZの愛称で親しまれるChangpeng Zhao氏(以下、CZ氏)は、マルタ政府が長期的な目標として掲げる”ブロックチェーンアイランド”に賛同したことを報告しました。

CZ氏は、以下のように述べています。

「(マルタの)政務次官を務めるSilvio Schembri氏との会議を終え、その論理的で、明確、そして、先見的なマルタのリーダーシップ論に感銘を受けました。

提案を見直した際、マルタが次なる革命的なブロックチェーン企業の集う地になり、ヨーロッパのブロックチェーンエコシステムの中心地になることを確信しました。

そして、Binanceが、自身の専門知識を活用することで健全な規制の枠組みを構築し、ブロックチェーンスタートアップにも出資することで、マルタのその業界を牽引していければと考えています。」

Binanceは、以前から仮想通貨と法定通貨ペアの取引への取り組みを表明していましたが、投資家やユーザー達に向けて、未だその取り組みが実現しそうにないことをはっきりと述べていました。

しかし、マルタへの移転及び、可能性として挙げられる新規銀行との提携により同社は、不透明な規制に制限されることや銀行業提供業者との摩擦もなく、仮想通貨と法定通貨ペアの取引を開始する事が出来るようになるかもしれません

さらに、Binanceは、非中央集権的な仮想通貨取引所であるBinance Chainを設立する計画も明らかにしました。

非中央集権的な取引所という概念は、中央集権的な取引所の目的や存在意義を無くしてしまう訳ですが、Binanceチームは、当初から幅広い人々に適合できるサービスの提供を目標に掲げていました。

よって、Binanceの発展が、仮想通貨のみの取引から、非中央集権的な取引所、仮想通貨と法定通貨ペアの取引に推移していくのも論理的に頷けます。

CoinPostの関連記事

Binanceが分散型取引所(DEX)を発表|BNBトークン基軸通貨の期待で大きく価格上昇
大手仮想通貨取引所のBinanceはDEXのための独自ブロックチェーンとして、Binance Chainの開発を発表しました。この発表後、Binanceでの基軸通貨となるBNBトークンが30%もの暴騰も見せました。

Bitfinexがスイスへ

もう一つの大手仮想通貨取引所であるBitfinexは、仮想通貨と米ドルの取引ペアを提供する台湾及び、香港基盤の取引プラットフォームです。

CNNは以前、Bitfinexがスイスへの永久的な移転を検討していることを報道しました。

数年間に渡り、スイス、特にツーク州は、ICOプロジェクトや仮想通貨ビジネスに対する規制が寛容なことから、ブロックチェーン技術の中心首都として知られています。

さらに、注目すべきは時価総額が$45億(約4700億円)と仮想通貨業界の中でも6番目に高いEOSと呼ばれる仮想通貨がスイス産である事が挙げられます。

Bitfinex の CEOを務めるJean-Louis van der Velde氏(以下、Velde氏)は、同社はスイスの当局と生産性のある議論を交わしており、アジアからスイスへの移転を慎重に捉えていることを強調しました。

Velde氏は、以下のように述べました。

「私達、Bitfinex及び、その親会社のiFinexは、以前から複数の地点で分割して業務を行ってきましたが、その業務を一括して進められ、最適で、運命を共にできる移転場所を求めているのです。」

Bitfinexの台湾からスイスへの移転は、たった1ヶ月間で2大仮想通貨取引所がアジアからヨーロッパに移転してしまう状況を作り出してしまいました。

もし今後も複数の先駆的な仮想通貨ビジネスが非実用的な政策を理由にアジアからヨーロッパに移転し続けたら、日本や、韓国、香港はその市場占有率を失うことになるでしょう。

そして、国際経済の中で仮想通貨ビジネスの拠点受け入れに対する競争力も失ってしまうのです。

Two Largest Cryptocurrency Exchanges Look to Exit Asia Due to Impractical Policies

Mar 29, 2018 by Joseph Young

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア