Houbi:韓国に仮想通貨取引所を公式開設・取り扱い通貨100銘柄

Huobi Korea始動
Houbiが韓国に取引所を公式開設しました。このプラットフォーム上で、100の仮想通貨と208ペア取引がスムーズに行われます。

北京に本社を置く仮想通貨取引サービスプロバイダーHuobiの子会社であるHuobi Koreaは、2018年3月30日に正式に立ち上げたと発表しました。

「Huobi Koreaは100コイン、208市場(33米ドル市場、98 BTC市場、77 ETH市場)を上場する」とZdnetで報道されています。

取引所は顧客資産の98%をコールドウォレットに保管していると述べています。

さらに、報道によると、取引所の内部アクセス手順は強化されています。

「リポジトリを開くために、複数の人物の同時認証を必要な複雑な手順でのセキュリティを追加しました」

以上のようにニュースリリースは伝え、同取引所の公式コメントを以下のように引用しています。

「我々は、投資家のミスでないエラーによって生じた損失を即座に保証するための投資家保護ファンドを新設し、投資家保護プログラムを運用している」

また木曜日(2018年3月29日)、Houbiは「Houbi Koreaでは、100種類の仮想通貨コインが取引できる」と発表し、同取引所は「より多くのコイン取引を支援してゆく方針」だと述べました。

韓国ウォンの導入はすぐに始まる

韓国法定通貨ウォンの取引について、Houbi Koreaは「KRW市場は現在準備段階であり、すぐに開始されるだろう」と言及しています。

ウォン取引が欠けている原因は、2018年1月末に施行した韓国の実名制度規制にあるようです。

その実施以来、韓国の銀行は、Upbit、Bithumb、Coinone、Korbitの4つの取引所に仮想通貨アカウントを開設するにだけにとどまっています。

しかし、Money Todayは、木曜日に、韓国の大手銀行であるシンハン銀行が、比較的小さな取引所であるCoinplugに仮想通貨アカウントを開設するよう交渉中だと報じました。

Zdnetの報道によると、Houbi Korea関係者は次のように発言しています。

「我々は総力を挙げて韓国ウォン市場の早期開設に取り組んでいる。より安全でより安定した取引サービスを提供できるよう、全従業員が全力を尽くす」

Houbiのグローバル展開

Houbiは現在世界で3番目に大きい仮想通貨取引所であり、2018年3月31日時点で24時間の取引量は13.2億ドルです。

韓国最大の取引所は、同時間の取引量が7.45億ドルのカカオ社が支援するUpbitです。

中国が仮想通貨取引所を閉鎖する前に、Huobiは国内で最大のものでした。

同社は現在、韓国、シンガポール、米国、日本、香港、中国の6カ国に事業を展開しています。

先週、Huobiは、米国発足の準備のために、米国金融犯罪執行ネットワークに登録しました。

一方、日本のSBIグループはHuobi Groupとの資本提携および事業提携を中止しました。

Huobi Officially Launches in South Korea with 100 Cryptocurrencies

Mar 31 2018, by Kevin Helms

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加