仮想通貨取引所FTX、株式トークン(FSO)第2弾にTwitterやPayPalなど9銘柄追加

FTXの株式トークンに新銘柄追加

大手仮想通貨デリバティブ取引所FTXは20日、AppleやAmazonなど大手企業の株式をトークン化した「Fractional Stocks Offerings(フラクショナル・ストック・オファリング)」の第二弾として、Twitter社やPayPal社など9銘柄の追加を発表した。

フラクショナル・ストック・オファリングは、10月29日に発表した新サービスで、規制当局の認可を得るため、ドイツのライセンスを受けた投資会社CM-Equity、及びトークン化ソリューションプロバイダーであるDigital AssetsAGとの提携で実現。Apple(アップル)、Amazon(アマゾン)、Tesla(テスラ)など、12種類を超えるトークンが取引可能となっている。

株式をトークン化することで、所有権の分割により1株未満の購入が可能に。アマゾンやテスラのような「値がさ株」でも手頃な価格帯から売買できるという特長がある。

新規銘柄はTwitter社など9種類

20年11月20日15:00(香港時間)に新規上場したのは、以下の9銘柄。

  • Zoom (ZM)
  • NIO
  • Twitter (TWTR)
  • Uber (UBER)
  • NVIDIA (NVDA)
  • Square (SQ)
  • PayPal (PYPL)
  • MicroStrategy (MSTR)
  • Moderna (MRNA)
  • 第2弾でも、個人投資家関心度の高い魅力的な銘柄を取りそろえた。

    言わずと知れたSNSの巨人Twitterをはじめ、テスラの競合である電気自動車(EV)メーカーのNIO(上海蔚来汽車)。

    新型コロナ関連銘柄では、米株市場で高騰したオンラインビデオサービスのZoomや、新型コロナウイルスのワクチン開発で世界をリードするバイオテクノロジーModerna。

    仮想通貨関連銘柄では、業界参入でビットコイン相場を押し上げた決済大手のPayPal、MicroStrategy、Squareなど、有望銘柄が名を連ねる。

    今後追従するデリバティブ取引所があるのかを含め、今後の展望に注視したい。


    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
    「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します