4/2(月)|BTCは2018年最安値帯を記録した後大きく反発・結果的に全面高に

仮想通貨市場
仮想通貨市場は、2日に入った深夜0時付近で大きく下落し、BTCは67万円代の2018年最安値帯を記録、しかしその価格で大きく反発し、アルトコインを含め前日比で全面高となっています。またG20での議論内容が話題となり、次回7月の開催は現時点で建設的な内容となりそうです。
NY市場休場に伴い、薄商いに
3月30日のNY市場がイースターで休場となり、本日の東京市場は方向性が欠けた他、売買代金も今年最も低い結果に。日経平均は一時プラス圏で推移していたものの、結局引けにかけてマイナス圏となり、結局65円安となりました。

仮想通貨市場

仮想通貨市場は、2日に入った深夜0時付近で大きく下落し、BTCは67万円代の2018年最安値を記録。

しかしその後大きく反発し、75万円代まで価格を戻し推移しています。

67万円の価格は2018年2月6日に今年最安値となった価格で、この価格は指標として注目されていました。

この価格帯を抜けた場合がかなり危険だとされていたことから、市場では一定の安堵感が伺えます。

またアルトコインもBTCの反発に沿う形で上昇し、結果的に執筆時(22時)では全面高となっている。

売り材料は一巡した感じがあり、その中でも本日7月に本格的な議論がされる予定のG20の内容が市場で飛び交い、実際現状では肯定的な建設的な議論、および規制提案がされる見通しとなっています。

CoinPostの参考記事

次回は7月開催|G20における仮想通貨規制:10の議題
7月開催の次回G20へ向けて、中央銀行総裁、マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FAFT)、経済協力開発機構(OECD)が、G20の規制案を担当。建設的な議論、および規制提案がされる見通しです。

アルトコインの中で大きな伸び率を記録したOmiseGoは、公式からエアードロップの発表があり、通貨配布という明確な買い材料が価格上昇へと結びつきました。

CoinPostの参考記事

最新の仮想通貨エアードロップ(無料配布)情報一覧|毎週更新
仮想通貨の無料配布イベント、エアードロップ(AirDrop)が行われる通貨の最新情報一覧です。無料配布されるイベントであるため、エアードロップ前に投資家達が買い漁り価格が押し上げられ、実施直後、価格減少しやすい傾向にあります。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

連日のように下落を続ける仮想通貨市場に引きずられるようにして、冴えない動きの銘柄が多い中、仮想通貨取引所「QUOINEX」と関連のある「ULSグループ(3798)」が3.66%高。

その一方、海外取引所関連の思惑で高騰を続けていた「オウケイウェイヴ(3808)」が、堰を切ったように売られてS安。

暴落に連動するようにして、「ファステップス(2338)」も-10.24%と大幅安となりました。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

NY市場

イースターにより、3月30日のNY市場は休場となりました。

東京市場

  • 日経平均:21,388.58(-65.72)
  • TOPIX:1,708.78(-7.52)
  • マザーズ:1,205.27(-0.97)

4月2日、新年度始まって初の東京市場は主要三指数揃って小幅安となりました。

日経平均は前場の序盤から14時過ぎぐらいはプラス圏で推移していましたが、引けにかけて下落。結局65円安で取引を終えました。

本日発表があった日銀短観は、大企業・製造業の業況判断DIが悪化した事が悪材料となった他、想定為替レートも1ドル109円66銭と実勢よりも3円程度、円安に乖離された内容となりました。

しかし、新年度入りした事で、機関投資家の新規資金が市場に流れ込んだ事や、やや円安が進んだ事が追い風になり、電力、化学、空運などが上昇。その一方で、不動産や精密機器が下落しました。

金曜日のNY市場がイースターで休場した事で、方向感に欠けた事や材料不足だった事で、薄商いとなり、東証一部売買代金は1兆6740億円と薄商いになりました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加