ダウ・ジョーンズ傘下企業とグレイスケール共催、仮想通貨の投資フォーラム開催へ

グレイスケール社、仮想通貨フォーラム開催へ

米ダウ・ジョーンズの運営する大手金融情報紙「バロンズ」が、グレイスケール社と共催で仮想通貨(暗号資産)に関する投資家向けのフォーラムを開催することがわかった。

金融・経済の中心地である米NYウォール街の大手企業や仮想通貨業界著名人らが名を連ねており、ビットコインをはじめとする仮想通貨への関心の高さを浮き彫りにしている。

参加企業には金融大手のJPモルガン、TDアメリトレード、決済大手のマスターカード社やリップル社などの企業トップ及び事業関係者が参加するほか、仮想通貨投資企業のグレイスケールやジェネシスなども登壇予定。

またNASDAQ上場企業として最大のビットコイン保有数を誇るMicrostrategy社CEOも参加が予定されている。

講演内容の予定は以下の通り。

デジタル通貨マーケットの現状

日本時間12月4日午前1時5分~35分

ビットコインのブルケース

日本時間12月4日午前1時35分~午前2時

キャッシュの死(現金需要の衰退)がもたらすビットコインの新生

日本時間12月4日午前2時~午前2時25分

ポートフォリオにおける暗号資産

日本時間12月4日午前2時25分~午前2時55分

ワークショップ:ポートフォリオ形成を深掘り

ダウジョーンズ傘下のバロンズ社とグレイスケール社が共催する投資家向けのフォーラムはバーチャルイベント形式で日本時間12月4日午前1時から開始される。

参考:Grayscale

著者:Noah Sakamaki

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します