イーサリアム2.0起動、本日夜

ETh2.0ジェネシス

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム2.0におけるビーコンチェーンのジェネシスブロックは日本時間12月1日21時に発動する予定だ。(参照:イーサリアム財団ブログ

1日に発動するためのデポジットコントラクト(ステーキング)の閾値の条件(524,288ETH)は11月24日に満たされ、現在863,616 ETHがデポジットコントラクトに入金されている。総額は、540億円を超える。

出典:https://launchpad.ethereum.org/

関連次世代イーサリアムで報酬を得る「ステーキング」手順を解説

イーサリアム2.0は、コンセンサスアルゴリズム「PoS」への移行や、バーチャルマシンの変更、シャーディング等を含む大規模なアップデート。DeFi(分散型金融)市場が急拡大する中で必要なネットワークの処理速度(=スケーラビリティ問題)を大きく改善する可能性のある仕様変更でもある。

1日には、フェーズ0として、イーサリアム2.0のブロックチェーンに当たるビーコンチェーンが起動する。

イーサリアム2.0のフェーズ0が実装された後も、一定期間は現行イーサリアムと並行してネットワークが維持され、マイニングで維持されるPoWチェーンと、ステーキングで維持されるPoSチェーンが運用されることになる。(最終的にはPoSへ完全移行)

コインベースの対応プラン

ビーコンチェーン起動を前に、米大手仮想通貨取引所コインベースはイーサリアム2.0のステーキングや取引などへの対応プランを発表した。

コインベースは、現在のイーサリアムトークンをETHとする一方、イーサリアム2.0版の新規トークンをETH2と規定して、両通貨に対応した取引システムの提供を開始する。

イーサリアム2.0に参加したいユーザーに対しては、代理にステーキングを行うサービスを提供。取引所内で流通させるETH2を代替手段として、ロックアップ期間の機会損失を軽減する仕組みを整える。

通常、ビーコンチェーン上でステーキングした場合、フェーズ2まで約2年間出金できないなど、一定期間のロックアップが想定される。Coinbaseのサービスでは、2021年初頭に、取引所内のETH2(代替トークン)をETHおよびその他の仮想通貨間で取引を可能にするとしている。

デポジットコントラクトを利用するユーザーのロックアップされたETHを、取引所内で流動性に生かすための施策で、より具体的な対応プランは今後発表するとしている。

参考:コインベース

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します