Flare Network、XRP(リップル)保有者へのSparkトークンスナップショット完了を報告

Sparkトークンのスナップショット完了

本日午前9時00分頃、仮想通貨(暗号資産)XRP(リップル)保有者を対象としたSparkトークン(FLR)のスナップショット(権利確定)が取得された。

Flare Networkは、ブロック番号#60,155,580のスナップショット完了を報告した。

国内現物XRP出来高1位のbitbankにおいて、午前9時過ぎの「権利落ち」のタイミングでXRP/JPYが約10円幅急落するも、その後一定の買い戻しが確認された。

XRPJPY 5分足(bitbank)

スナップショットで取得された時点でのXRP残高を基に、Sparkトークン(FLR)が段階的に付与される。

受取対象のXRP保有者は2021年のローンチを目指すFlare Networksのネットワーク実装後、まずXRP保有量の15%相当のFLRが付与され、その後残りの85%は最低25ヶ月、最大34ヶ月の期間にわたり、毎月平均で3%のトークンが付与される。

関連: Flare Networkとは|XRP(リップル)と密接に関わるSparkトークンの将来性
著者:Noah Sakamaki

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します