SBIホールディングス、リップル社の訴訟とXRPについてリリースを公開

SBIホールディングス株式会社は28日、Ripple Labs Inc.が米SECから訴訟を提起されたことについて、リリースを公開した。

野村総合研究所のフェローである大崎 貞和氏のコラムを引用し、XRPは日本国内においては「有価証券」ではなく「暗号資産」である点を強調し、取引所として取引が継続されることについて、支障はないとの見解を示した。

また、SBIグループとして、XRPに直接投資は行なっておらず、XRPの価格下落による連結業績への悪影響はないとした。

XRPに関わる点としては、SBI VCトレードなどの仮想通貨取引所として、顧客取引の在庫など、限定的な保有に留まるとしている。

著者:S.Ninomiya
参考:sbigroup.co.jp

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します