仮想通貨決済サービス企業Crypto.com、米居住者向けのXRP(リップル)取引停止へ

Crypto.com、米国でXRP取引停止

仮想通貨決済サービスなどを提供するCrypto.comは、米国居住者を対象にした暗号資産(仮想通貨)XRP取引の停止方針を明らかにした。日本時間1月19日午後7時をもって、アプリ内のXRP取引・入金が停止される。(XRPの出金は可能)

今月新発表されたDeFi(分散型金融)サービスのCrypto.com Earnについても、XRPの対応停止を表明しており、すでに米国内のユーザーから預け入れられたXRPについては、12月29日に自動解除されウォレットへと返却された。

なおCrypto.comの発表によると21年前半(Q1からQ2)と想定されているFlareネットワークのSparkトークン(FLR)のエアドロップへの対応は継続する方針だ。

相次ぐ米国内のXRP取引停止

米国内では、SECのリップル社提訴を受け、大手取引所CoinbaseやBitstamp、OKCoinなどでXRPの取引・サービスを停止する発表が相次ぎ、マーケットメイカーへの影響もみられた。

株式市場への上場を検討するCoinbaseなどでは、米規制当局の判断、及びコンプライアンスが優先されたものと思われる。

関連米リップル社の訴訟に関する国内外の仮想通貨取引所の対応一覧

著者:Noah Sakamaki
参考:Crypto.com

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します