CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン投資信託ルールから読む仮想通貨市場の警戒ポイント

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

グレースケール投資信託の「アンロック」期間の重要性

米国の仮想通貨投資企業グレースケール社の発行するビットコイン投資信託が流通市場に解禁されるアンロック期間がビットコイン(BTC)価格に大きく影響を与えているがわかった。仮想通貨の分析に特化するBen Lilly氏が独自の考察で詳細を紐解いた。

「クリプトエコノミスト」の異名を持つLilly氏はブロックチェーン市場の分析に特化したAI(人工知能)プラットフォームJarvis Labsのパートナー。人口知能のJarvisはブロックチェーンデータをトラッキングすることで自動的に現物や先物、またオプション取引を行っている。

JarvisやLilly氏の分析の結果、グレースケール社のビットコイン購入は仮想通貨市場、特にビットコイン価格に大きな影響を与えていることが判明した。

グレースケール社とは

グレースケール社は米国の機関投資家や適格投資家など、いわゆる「プロ」の投資家を対象に仮想通貨へのエクスポージャー(投資機会)を提供する投資信託商品を提供している最大手の仮想通貨投資企業だ。仮想通貨分析サイトのbybtによると1月28日時点では同社は約64万8180BTCを保有している。

出典:bybt

グレースケール社の代表的な投資商品は現物価格より高い傾向があるビットコイン投資信託、通称「GBTC」だ。適格投資家などに代わりグレースケール社がビットコインを保有し、代わりに投資家は投資資金に応じた分のGBTCを受け取る仕組みになっている。

統計サイトのYchartsによると、昨年もGBTCの価格乖離(プレミアム)は現物価格より高い水準を推移していた。

出典:YCharts

GBTCが発行される仕組みをLilly氏は以下の通りに説明した。

  1. 適格投資家や「富裕層」などが私募への参加が可能
  2. 適格投資家らがビットコイン又は米ドルをグレースケールに渡す
  3. 対価として、グレースケール社は投資額に等しいGBTCシェアを配布。1シェア辺り約0.001BTC(実際は0.00095085BTC)に相当する。仮に適格投資家が1BTCを渡した場合、受け取るシェアは1000枚となる。(手数料を除く)
  4. 私募に参加した投資家は6ヶ月の「ロックアップ期間」を経た後、(一般投資家を含む)流通市場でGBTCシェアを販売することが可能となる。

このロックアップ期間はこれまでは1年だったが、Lilly氏の調査によれば昨年1月21日から変更されているとのこと。

またGBTCは取引されても、投資信託の販売は現物とは交換されない為、一方的に価値が流れ込む形でグレースケールはビットコインを蓄えていくシステムと形容した。

さらにLilly氏は価格乖離の恩恵を受けるのは流通市場でGBTCを購入する投資家ではなく、私募の段階で参入した適格投資家である為、「一見フェアに見えるが実はプレミアムが生じる(利益になる)」と指摘した。機関投資家が現物価格に左右されることなく、価格乖離による収益率を目当てに参入したことから資金が継続的に集まったと分析している。

通常なら経済的要因でこの価格乖離は下がるはずだが、それは何故だか、まだ起きてないと言及。Lilly氏は価格乖離が維持される限り、適格投資家は継続してGBTCを購入すると予想した。

ビットコイン市場への影響

2020年中盤から、グレースケール社がビットコイン市場へ与える影響が憶測されていたが、その実態がより鮮明となった。

その上でLilly氏はBTCがロックアップ期間から解禁(≒アンロック)されるタイミングでBTC価格が上昇に動いた傾向を指摘。2019年からGBTCのアンロック時期をビットコインチャートと比較すると、解禁後から1、2週間後にかけて現物価格が上昇する風潮があると述べた。

出典:Tradingview

また同氏はGBTCのアンロック後、価格乖離は一旦落ち着く傾向あるとも分析した。その上で次回の大きなアンロックが2月3日前後に想定されると言及した。

アルト銘柄への影響

ビットコインの総発行枚数の2100万BTCの約3%に当たる現物を保有する為、グレースケール社のGBTCに注目が行きがちだが、同社はイーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)などアルト銘柄の投資商品も取り扱う。

レポート公開後にLilly氏はツイッター上で、今週解禁されるグレースケール社のアルト関連の投資信託額が大きい点を言及。今後数週間をかけてアンロック額が増える点に期待感を示した。

今月公開されたグレースケール社の2020年Q4レポート内によると、ビットコインを除くアルト関連の投資信託商品などへの資金流入も昨年夏頃から急増していた。

出典:Grayscale

アルト関連の投資商品の運用額はビットコイン投資信託と比較すると額は劣るものの、昨年のDeFi(分散型金融)の台頭などで、アルト関連商品への資金流入のペースもGBT Cと同様、過去最高の水準だった。

なお上述した1月26日時点でのGBTCのプレミアム率は3%台と2017年3月以来の低水準だったが、Lilly氏はアンロック期間が連続して発生する予定の今後2、3週間で様子見する姿勢を示している。

いずれにせよ、グレースケール社の投資信託のアンロック期間は今後の仮想通貨市場を展望する上で留意しておきたい指標となるだろう。

関連:米NYダウ急落など金融市場がリスクオフ、ビットコイン市場にも警戒感波及

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧