CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン投資信託ルールから読む仮想通貨市場の警戒ポイント

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

グレースケール投資信託の「アンロック」期間の重要性

米国の仮想通貨投資企業グレースケール社の発行するビットコイン投資信託が流通市場に解禁されるアンロック期間がビットコイン(BTC)価格に大きく影響を与えているがわかった。仮想通貨の分析に特化するBen Lilly氏が独自の考察で詳細を紐解いた。

「クリプトエコノミスト」の異名を持つLilly氏はブロックチェーン市場の分析に特化したAI(人工知能)プラットフォームJarvis Labsのパートナー。人口知能のJarvisはブロックチェーンデータをトラッキングすることで自動的に現物や先物、またオプション取引を行っている。

JarvisやLilly氏の分析の結果、グレースケール社のビットコイン購入は仮想通貨市場、特にビットコイン価格に大きな影響を与えていることが判明した。

グレースケール社とは

グレースケール社は米国の機関投資家や適格投資家など、いわゆる「プロ」の投資家を対象に仮想通貨へのエクスポージャー(投資機会)を提供する投資信託商品を提供している最大手の仮想通貨投資企業だ。仮想通貨分析サイトのbybtによると1月28日時点では同社は約64万8180BTCを保有している。

出典:bybt

グレースケール社の代表的な投資商品は現物価格より高い傾向があるビットコイン投資信託、通称「GBTC」だ。適格投資家などに代わりグレースケール社がビットコインを保有し、代わりに投資家は投資資金に応じた分のGBTCを受け取る仕組みになっている。

統計サイトのYchartsによると、昨年もGBTCの価格乖離(プレミアム)は現物価格より高い水準を推移していた。

出典:YCharts

GBTCが発行される仕組みをLilly氏は以下の通りに説明した。

  1. 適格投資家や「富裕層」などが私募への参加が可能
  2. 適格投資家らがビットコイン又は米ドルをグレースケールに渡す
  3. 対価として、グレースケール社は投資額に等しいGBTCシェアを配布。1シェア辺り約0.001BTC(実際は0.00095085BTC)に相当する。仮に適格投資家が1BTCを渡した場合、受け取るシェアは1000枚となる。(手数料を除く)
  4. 私募に参加した投資家は6ヶ月の「ロックアップ期間」を経た後、(一般投資家を含む)流通市場でGBTCシェアを販売することが可能となる。

このロックアップ期間はこれまでは1年だったが、Lilly氏の調査によれば昨年1月21日から変更されているとのこと。

またGBTCは取引されても、投資信託の販売は現物とは交換されない為、一方的に価値が流れ込む形でグレースケールはビットコインを蓄えていくシステムと形容した。

さらにLilly氏は価格乖離の恩恵を受けるのは流通市場でGBTCを購入する投資家ではなく、私募の段階で参入した適格投資家である為、「一見フェアに見えるが実はプレミアムが生じる(利益になる)」と指摘した。機関投資家が現物価格に左右されることなく、価格乖離による収益率を目当てに参入したことから資金が継続的に集まったと分析している。

通常なら経済的要因でこの価格乖離は下がるはずだが、それは何故だか、まだ起きてないと言及。Lilly氏は価格乖離が維持される限り、適格投資家は継続してGBTCを購入すると予想した。

ビットコイン市場への影響

2020年中盤から、グレースケール社がビットコイン市場へ与える影響が憶測されていたが、その実態がより鮮明となった。

その上でLilly氏はBTCがロックアップ期間から解禁(≒アンロック)されるタイミングでBTC価格が上昇に動いた傾向を指摘。2019年からGBTCのアンロック時期をビットコインチャートと比較すると、解禁後から1、2週間後にかけて現物価格が上昇する風潮があると述べた。

出典:Tradingview

また同氏はGBTCのアンロック後、価格乖離は一旦落ち着く傾向あるとも分析した。その上で次回の大きなアンロックが2月3日前後に想定されると言及した。

アルト銘柄への影響

ビットコインの総発行枚数の2100万BTCの約3%に当たる現物を保有する為、グレースケール社のGBTCに注目が行きがちだが、同社はイーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)などアルト銘柄の投資商品も取り扱う。

レポート公開後にLilly氏はツイッター上で、今週解禁されるグレースケール社のアルト関連の投資信託額が大きい点を言及。今後数週間をかけてアンロック額が増える点に期待感を示した。

今月公開されたグレースケール社の2020年Q4レポート内によると、ビットコインを除くアルト関連の投資信託商品などへの資金流入も昨年夏頃から急増していた。

出典:Grayscale

アルト関連の投資商品の運用額はビットコイン投資信託と比較すると額は劣るものの、昨年のDeFi(分散型金融)の台頭などで、アルト関連商品への資金流入のペースもGBT Cと同様、過去最高の水準だった。

なお上述した1月26日時点でのGBTCのプレミアム率は3%台と2017年3月以来の低水準だったが、Lilly氏はアンロック期間が連続して発生する予定の今後2、3週間で様子見する姿勢を示している。

いずれにせよ、グレースケール社の投資信託のアンロック期間は今後の仮想通貨市場を展望する上で留意しておきたい指標となるだろう。

関連:米NYダウ急落など金融市場がリスクオフ、ビットコイン市場にも警戒感波及

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア