ビットコイン市場で「GBTCマイナス乖離」に注目、国内銘柄はネムほかBAT、ENJが高騰|週刊仮想通貨ニュース

今週のニュース

今週は、グレースケールの投信がマイナス乖離に転じたことを報じる記事に注目が集まった。また、2位と3位には新チェーンのテストを終えたネムに関連する記事がランクインしている。

仮想通貨市場では、国内取引銘柄のBATやエンジンコインが高騰、米長期金利の上昇などで市場ではボラティリティの上昇などが警戒されている。

このほか、バイナンスのBSC上の分散型金融プロジェクトのひとつに詐欺の疑いが生じていることが分かった。また、アマゾンのクラウドサービス「AWS」でイーサリアムのサポートが開始された。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュース|今週の市場の動きは
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:グレースケール投信の「マイナス乖離」が過去最低の-10%台に、ビットコイン市場に及ぼす影響は?

グレースケール社のビットコイン(BTC)投資信託の価格乖離(プレミアム)が今週2日、再びマイナスに転じたことが確認された。(記事はこちら

2位:【随時更新】ネム新通貨「Symbol(XYM)」国内取引所の対応一覧と注意点

ネム(XEM)」は、21年3月15日(月)に大型アップデートを実施、新チェーンとトークンである「Symbol(XYM)」が誕生する見込みだ。(記事はこちら

3位:新チェーンSymbol思惑でネム90円台まで高騰、エンジンコインなど個別銘柄の循環物色進む

暗号資産(仮想通貨)市場では、ネム(XEM)が年初来高値を更新。 コインチェックの販売所価格では、前日比30.6%高の91円台まで高騰した。 (記事はこちら

相場ニュース|今週の市場の動きは

BraveブラウザのネイティブトークンBATが高騰、エンジンコインは一時50%高

国内銘柄で目立っているのが、プライバシーウェブブラウザ「Brave」のネイティブトークン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」だ。前月比150%高、前週比52%高、前日比25%高と高騰している。(記事はこちら

ビットコイン識者は「クジラ間戦争」を指摘、反転の予兆を示唆する5ヶ月ぶりのシグナルも

Wu Blockchain(@WuBlockchain)が示したGlassnodeのデータによると、10BTC以上の保有アドレス数は、ビットコインが5万ドルを超えた今年2月以降に激減。2月27日時点で、過去2年間で最も少ない15万アドレスを割り込んだ。(記事はこちら

株式市場急落の余波でビットコインなど仮想通貨市場大幅下落、XRP(リップル)が一時10%反騰する場面も

日経平均株価が30年ぶりに3万円の大台を突破するなど官製バブルの様相を呈していた金融市場が、ここへ来て強いダウンサイドリスクにさらされている。(記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

ビットコインに上値余地はあるか?──JPモルガンが富裕層の顧客向けに資料を提供

JPモルガンのプライベートバンク部門「JPMorgan Private Bank(以下、JPMorgan)」が、暗号資産(仮想通貨)に関する資料を顧客に提供したことが分かった。(記事はこちら

BSC基盤のDeFiプロジェクトMeerkat 、30億円相当が不正流出

分散型金融(DeFi)プロジェクト「Meerkat」で、新たに巨額詐欺の疑惑が浮上した。 (記事はこちら

米アマゾン提供のブロックチェーンサービス、イーサリアムのサポート開始

アマゾンのクラウドサービス部門「AWS」が提供するブロックチェーン管理サービスで3月2日、イーサリアムブロックチェーンへのサポート開始が発表された。(記事はこちら

Binance Futures、ネム(XEM)先物など無期限取引サービス開始へ

最大手取引所バイナンスが、ネム(XEM)とBTCSTの無期限契約取引サービスの開始予定を発表した。(記事はこちら

リップル社、中央銀行デジタル通貨連携を視野──「XRP Ledger」のプライベート版をテスト

米リップル社が、オープンソースの分散型台帳「XRP Ledger(XRPL)」のプライベート版をテストしていることが分かった。(記事はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します