CoinPostで今最も読まれています

グレースケール投信の「マイナス乖離」が過去最低の-10%台に、ビットコイン市場に及ぼす影響は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

グレースケール投信が現物相場に与える影響

米暗号資産(仮想通貨)投資企業グレースケール社のビットコイン(BTC)投資信託の価格乖離(プレミアム)が今週2日、再びマイナスに転じたことが確認された。現物価格に対するビットコイン投信(GBTC)の価格乖離は、過去最低の-10%台まで到達している。

米グレースケール社は、機関投資家および適格投資家向けの投資信託として最大手。ビットコインの総供給量(2100万BTC)の6%に相当する約65万BTC(約3.5兆円)を保管しており、資産運用の総額は3月5日時点で約4.1兆円にのぼる。

グレースケール社のビットコイン投信がマイナスに転じたのは2月末。その後一時的にプラスに転じたが、3月に入り再びマイナスとなっている。

出典:Ycharts

JPモルガンのアナリストらは2日、「グレースケール社のビットコイン投信の現物価格との価格乖離(プラスの場合はプレミアム、マイナスの場合はディスカウントと呼ぶ)のマイ転は、現物市場への売り圧をかけていた」と分析。価格乖離がマイナスになった要因として、カナダでのビットコインETFの台頭や、機関投資家が高値圏のリスクオフで利益確定売りを出した、などと考察した。

2008年の金融危機を予知したことで定評がある著名投資家のPeter Schiff氏は、20年12月からグレースケール社の現物価格に対するプレミアムがマイナスに転じるとする予想が的中したと発言。グレースケール社の投資信託には年間2%のマネジメント費がかかるため、「現物保有よりリスクが高い」などと批判し、ビットコイン市場の売り圧になると指摘した。

Schiff氏は、ビットコインをはじめとする仮想通貨に懐疑的な姿勢をとることで知られている。

マイナス乖離をプラス要因とみる向きも

対照的に、ブルームバーグのシニアコモディティストラテジストのMike McClone氏はプラスに捉えている。同氏はブルームバーグが毎月発行する「Crypto Outlook」の筆者で、20年12月号ではビットコインの次の価格ターゲットを「4万〜5万ドル」、時価総額1兆ドル(約110兆円)の到達を予想。McClone氏の予想は、テスラ社のビットコイン購入などの影響で市場が高騰したことを受け、2月中旬時点で実現している。

関連:ビットコイン約500万円まで高騰、テスラ参入の余波は多方面に波及

McGlone氏は、GBTCの価格乖離がマイナスになったことは「パニック売り」を示すと分析したものの、歴史的に見れば底値は堅く、BTC市場の成長の余地を物語ると解説した。

2017年3月にも、GBTCのプレミアムは3%台まで急落したことがある。今回のようにマイナスにこそは転じなかったものの、現物価格も連動する形で、一時+1000ドル台まで下落していた。

しかしその後、ビットコイン価格は再び高騰し、17年12月に過去最高値の約2万ドルに到達した。同氏は、今回のグレースケール・プレミアムがマイナスに転じたことは、底値を示す事例になり得ると考察する。

2017年にはグレースケール社の投資信託は、現物市場の1%しか保有していなかったが、現在同社のビットコイン保有量は飛躍的に上昇しており、影響力は当時とは比較にならないと述べた。

仮想通貨データサイトbybtによれば、グレースケール社のビットコイン保有量は20年7月時点では36万BTCだった。1年足らずで80%以上の驚異的なペースで現物流入数が増えており、機関投資家の注目度を如実に示している。

出典:bybt

またBTC価格について、短期的には「グレースケール効果」なども相まり調整局面に入ったものの、限られた供給量(需給面)などを要因に、2021年内にビットコイン価格が10万ドル(約1100万円)に届き得ると予想した。

「逆張り的な視点から買いシグナル」

McClone氏のように、グレースケール・プレミアムのマイナス化を好材料と捉える声は少なくない。

機関投資家向けにマクロ分析を行うBianco Research社のJim Bianco氏は、今回グレースケール社のビットコイン投信(GBTC)が「ディスカウント」になるのは3度目だと説明。過去にもGBTCの価格乖離が大きく下がった後には、相場が急回復したことがあると指摘した。

直近数年間は、GBTCの価格乖離は高いプレミアムで推移していたが、逆張りの観点から「買いシグナル」だとみている。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 金曜日
18:39
ビットコインETFへの資金流入予測、金ETF事例や経済環境から算出
ビットコイン現物ETFが承認された場合の資金流入見込みに関してVanEck社が予測レポートを出した。米経済の景気後退予測や金ETFの事例、過去の金融経済動向を基に、暗号資産(仮想通貨)市場の新たな潮流を探る。
18:25
来年11月までにビットコインの過去最高値を予測、上昇要因に半減期や米大統領選|VanEckレポート
仮想通貨ビットコインが2024年11月に過去最高値を記録するとの予測。半減期と米大統領選が影響。VanEckによる予測と市場サイクルの分析内容を解説。
14:26
米大手ベンチャーキャピタルa16z、「2024年に期待する9つの仮想通貨トレンド」を発表
米大手VCアンドリーセン・ホロウィッツは、2024年に仮想通貨領域で期待されるトレンドのリストを発表。分散化、人工知能(AI)、顧客体験の向上などの9項目に言及した。
12:30
米下院エネルギー委員会、ブロックチェーン促進法案を可決
米国の下院エネルギー・商業委員会は、ブロックチェーン技術や分散型台帳技術を促進する法案を可決した。米国の競争力強化が期待される法案となる。
12:23
ビットコイン上昇一服、主要アルトはイーサリアム前日比5.6%高、ソラナ(SOL)12.1%高に
暗号資産(仮想通貨)市場では高騰していたビットコインが一服し、アルトコイン相場ではイーサリアムが上昇した。ソラナ(SOL)エコシステムではエアドロップされたJito Networkのガバナンストークン「JTO」が高騰するなど反響を呼んだ。
11:45
サム・アルトマン支援のMeanwhile Group、1億ドルのビットコイン運用ファンドをローンチ
Meanwhile Advisorsが仮想通貨ビットコインに焦点を当てたプライベートクレジットファンドを立ち上げ。BTCで5%の利回りを提供し、2024年第1四半期までに1億ドル調達の計画。OpenAIのサム・アルトマンが支援するMeanwhile GroupはBTCベースの生命保険ビジネスも展開。
11:00
ブロック社、BTCのセルフカストディウォレットをローンチ
米ブロック社は、仮想通貨ビットコインのセルフカストディウォレットBitkeyをローンチ。ウォレットの特徴や仕組み、出荷時期などが明らかになった。
10:40
ソラナDeFi「Kamino Finance」、将来エアドロップ向けのポイントシステムを開始予定
仮想通貨PYTHやJTOなどソラナプロジェクトの無料配布が注目を浴びる中、ソラナDeFi「Kamino Finance」は将来のエアドロップに向けてポイント制システムを導入すると発表した。
10:15
バイナンス、UAEアブダビでの投資ファンドライセンス申請取り下げ
大手仮想通貨取引所バイナンスは、UAEアブダビにおける投資ファンドのライセンス申請を取り下げた。グローバル戦略見直しの一環とみられる。
08:25
米国株AI銘柄上昇 日銀総裁発言で円高進む
米国株は来年の米利下げへの行き過ぎた期待との指摘が散見される中、AI関連株ではグーグルのGemini発表や、AMDの新たなAIチップ発表などがAI相場上昇への追い風となった。
07:50
仮想通貨Jito(JTO)、バイナンスやBybitにも上場 価格高騰
ソラナの大手リキッドステーキングJitoのガバナンストークン「JTO」は昨夜、仮想通貨取引所大手コンベースやバイナンス、Bybitに上場し価格が暴騰していた。
07:40
Uphold、補助型のセルフカストディウォレット提供へ
Web3金融プラットフォームUpholdは、補助型のセルフカストディウォレットをローンチ。まずは仮想通貨XRPに対応し、今後はビットコインなどにサポートを拡大する。
07:05
SECのビットコインETF審査 最終段階か=ロイター報道
米証券取引委員会(SEC)と申請企業の間で重要な技術的な詳細について協議が進んでおり、近く仮想通貨現物ビットコインETFを承認する可能性があることが示唆された。
12/07 木曜日
17:00
「Beyond The Price」、未公開内容や過去のまとめを配信
第11回のGM Radio:Beyond The Priceは2日に公開。仮想通貨ビットコインなどについて過去の配信をまとめ、未公開の内容も追加した。
15:00
「ビットコインETF承認は機関投資家を後押しする決定打となる」米ARKのウッドCEO
米ヘッジファンドARK Investのキャシー・ウッドCEOは、米証券取引委員会によるビットコイン現物ETFの承認は、仮想通貨投資を検討している機関投資家に対し、「確定的なお墨付き」を与える可能性があると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/12/08 12:00 ~ 13:00
その他 オンライン
2023/12/12 14:00 ~ 16:00
その他 オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧