CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン約500万円まで高騰、テスラ参入の余波は多方面に波及

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場の最新動向

9日の暗号資産(仮想通貨)市場では、米証券取引委員会(SEC)の資料で米電気自動車(EV)大手のテスラが、ビットコイン(BTC)1600億円相当を購入したことが判明してビットコインが急騰した。

イーサリアム(ETH)が前日比+8.2%の181,000円、XRP(リップル)が前日比+8.1%の47.8円となるなど仮想通貨市場が全面高となったほか、米ニューヨーク株式市場では、マイクロストラテジーなど仮想通貨関連銘柄が軒並み上昇。東京株式市場でも、大手取引所コインチェックを傘下に収めるマネックスなどが大幅上昇した。

ビットコイン市場

ビットコインは米国時間にかけて一段高となり、一時47,550ドル(約500万円)に達した。

バイナンスやクラーケンなどの大手仮想通貨取引所では、投資家が殺到してサーバー障害が発生した。

関連:テスラのビットコイン投資報道で投資家殺到 複数の大手仮想通貨取引所で一時障害

分析企業GlassnodeのCTOによれば、大手デリバティブ取引所OKExで5700万ドル相当のショートポジションがロスカットされた。

テスラ社の影響

コロナ禍の金融緩和フェーズが長引き、米ドルの価値が目減りするなか、インフレヘッジ需要による代替資産性からビットコインを購入する上場企業が相次いでいる。

しかしながら、1600億円(15億ドル)もの巨額投資は、テスラ社の純現金保有額の内、15%相当に上る。仮想通貨市場特有のボラティリティ(価格変動性)の激しさから不確実性を懸念する声も聞かれるなど、その勝算については賛否両論がある。

ビットコイン購入量では、NASDAQ上場企業マイクロストラテジーをテスラが上回り、首位に躍り出た。

東氏が指摘するように、株式会社のBTC保有率は総供給量の内、0.56%(CoinGecko参照)に及んでおり、今後の変化にも関心が集まりそうだ。

なお、データ分析企業CryptoQuantのKi Young Ju氏によると、ビットコインの大口購入は、米コインベースのOTCデスクを通じて行われた可能性がある。同取引所からの大規模なアウトフローは、カストディサービスなどコールドウォレットへの資金移動を示唆しており、最も強気な兆候の一つとの見立てを示した。

市場評価として、米NASDAQ市場に上場するテスラ株価の行方にも注目が集まりそうだ。

テスラは世界株式ランキングでFacebookを上回る7位に位置し、時価総額8000億ドル(84兆円)に達するテスラ株。単純比較こそ出来ないが、現在のビットコインの時価総額とほぼ同等となる。

昨年1年間で約8倍高騰したテスラ株は、20年3月のコロナ・ショックから始まった金融緩和マネーの流入フェーズにおいて、単元未満で少額取引可能なロビンフッド(Robinhood)などの投資アプリを介した大規模な買いも後押ししたとされる。

関連:仮想通貨取引所FTX、アップルやテスラなどトークン化された株式を1株未満売買可能に

オルタナティブ資産の特性上、ビットコインと比較されやすい金(ゴールド)の時価総額は、推定10兆ドル。米ニューヨークの大手投資会社SkyBridgeキャピタルによれば、将来のビットコインの理論値535,000ドルを示すにあたり、ベンチマークの一つとなっている。

いずれにせよ、イーロン・マスクCEOらの強気姿勢は、他企業を触発する可能性が高そうだ。RSBのアナリストMitch Steves氏は、世界最大の時価総額を有する米アップル社が仮想通貨取引事業へ参入することで、年間400億ドル(4.2兆円相当)を超える収益を上げる可能性があるとの見立てを示した。

関連:カナダ大手投資銀行、米アップル仮想通貨業界参入時の影響を試算

良好な需給が後押し

Coin98 Analyticsによれば、資産運用会社グレースケールのビットコイン投資信託を介した購入量は、過去1ヶ月間で41,430BTCに及び、同期間に採掘(マイニング)された28,943BTCを凌駕した。

「需要」が「供給」を大きく上回っていることを意味し、価格上昇理由を裏付けている。

関連:ビットコインの高騰理由を解説、加速する資金流入に「3つの要因」

コインチェックで口座開設(リンク

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア