ビットコイン復活で円建て最高値更新、着目される大企業動向と需給面の変化

金融市場の動向

米議会は10日、1.9兆ドル(約200兆円)規模の追加経済対策法案を可決した。12日にも成立する見通しだ。

景気刺激策としては、国民1人あたり最大1400ドル(約15万円)の特別給付金が柱となっており、余剰金の一部が株式やビットコインなどリスク資産に向かう可能性も指摘される。

昨年の現金給付時には、米コインベースやバイナンスなど大手取引所に給付金と同等額の入金が相次いだことが取り沙汰された。

大手資産運用会社DoubleLineCapitalの創設者JeffreyGundlach氏は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で深刻な危機に陥る米国経済の回復と共に、米連邦準備理事会(FRB)の掲げる目標インフレ率2%を超えると指摘した。

同氏によると、3%〜4%を超えると債券市場を混乱させるリスクがある一方で、債券市場の金利が低水準に留まることは相対的に株式市場の魅力を高める。12日のメジャーSQ(特別清算指数)を経過した後の金融市場動向も注目される。

仮想通貨市場

11日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)価格は、前日比+3.93%の608万円(56,200ドル)に。

2月22日に記録したドル建ての最高値58,367ドルは超えていないが、日本円建てでは過去最高値の615万円を塗り替え、一時620万円に達するなど、調整局面から力強く反発している。

Digital Currency Group動く

Digital Currency Group(DCG)は11日、グレースケールのビットコイン投資信託(GBTC)に最大2億5000万ドルを投資予定であることを発表した。

公開市場での購入により、間接的なエクスポージャーを得る可能性があることを意味しており、NAV(純資産価値)で新株を発行する代わりに購入する可能性がある一方で、株式の購入承認は、株式を任意の期間に取得することを義務付けるものではなく、変更や中止される可能性もあるという。

デジタル通貨を主な投資事業とするDCGは、グレースケールの親会社で、35か国以上で175を超えるブロックチェーン関連企業を支援する。

2013年に設立されたGrayscale Investmentsは、米ニューヨークに本社を構え、ヘッジファンドやファミリーオフィス、年金、基金、適格投資家が主な顧客として含まれる。21年3月9日時点で421億ドルを超える資産を運用する。

オープンエンド型投資信託の「グレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」は、市場価格をベンチマークとする投資信託であり、投資対象をビットコインのみとした初の証券だ。

現在、市場との価格乖離を示すGBTCの取引価格プレミアム(ディスカウント)は-5.43%となっており、長らくプラス乖離の続いた状況から大きく変化した。

出典:The Block

大口による利益確定のほか、カナダで新たに承認されたビットコイン上場投資信託(ETF)など競合する金融商品が増加した影響が考えられる。

グレースケールは、GBTCの新規受付を一時停止した。

関連:グレースケール親企業、最大270億円分のビットコイン投資信託を購入する計画を発表

需給面の変化

過去2〜3年間アクティブに推移していたビットコイン供給量の移動平均線は、直近14か月で最低値の190万まで減少した。

出典:Glassnode

ビットコインの非流動的な供給量の変化では、2019年以降、カストディサービスのコールドウォレット送金など売り圧力の減少と長期保有傾向が継続していることを示唆している。

出典:Glassnode

この点についてBloqportは21年1月、主要取引所に預け入れられたBTCの合計量の減少を指摘。市場に出回っているBTC供給量の内78%が過去12か月で非流動的になっていることから、実際の供給量は約1860万BTCと考えられるとの見解を示していた。

仮想通貨投資ファンドのPantera Capitalは20年11月、PayPalyやCashApp、グレースケールなどのビットコイン購入平均が、マイナーによる新規採掘量を上回っているとの試算結果を公開している。

関連:ビットコインが供給不足の状態へ PayPalなどで新規採掘量上回ると推定=Panteraキャピタル

著者:S.Ninomiya
参考:TheBlock , Ambcrypto

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します