ツイッター創設者出品の「最初のツイート」、3億円で落札

ドーシー氏のNFTが落札

Twitter社のCEO、Jack Dorsey氏がオークションにかけたNFT(非代替性トークン)が約3.1億円(290万ドル)で落札された。

Dorsey氏は3月6日、過去のツイートをNFT(非代替性トークン)化し、オークションに出品したもので、Dorsey氏が2006年に投稿したツイッターで最初のツイートである「just setting up my twttr(twttrをセットアップしている)」という内容のツイートをデンタル上の権利として販売した。

NFTは、ブロックチェーンを活用したデジタルトークンで、アート作品やトレーディングカード、コンサートのチケットなどのデジタルな作品や商品の所有権の売買を可能にする。唯一性を持つ特性から、所有権を保護する特性があり、所有者の履歴もブロックチェーンで辿れることで、オリジナルの作品から流れてきた商品化の真贋鑑定も簡易化する特性がある。

Dorsey氏は3月10日に、このNFTの販売利益(ETH)を暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)に変換し、アフリカの貧困対策団体「GiveDirectly」に寄付すると発表。23日の最新投稿から、約50.87 BTCに換金し、寄付先に送金したことを報告している。

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します