CoinPostで今最も読まれています

ナイジェリア、DeFiで信用組合を結成できるプラットフォーム立ち上げ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ナイジェリアで「Xend Finance」ローンチ

ナイジェリアのスタートアップ「Xend Finance」が、アフリカの人々に分散型金融(DeFi)へのアクセスを提供するプラットフォームを立ち上げた。バイナンススマートチェーン(BSC)を使用しており、信用組合や協同組合の会員がDeFiサービスを利用できるようにするものだ。

Xend FinanceのCEO、Ugochukwu Aronu氏はプロジェクトの目的を次のように語った。

アフリカの多くの国の市民にとって、他の地域と比べて法定通貨の価値が大きく変動し、しばしば大きく切り下げられることが問題となっている。

私たちのプラットフォームとバイナンススマートチェーンにより、人々は資産の価値下落を心配することなく、貯蓄を安定した通貨で行うことができる。また、DeFiを通じてより高い金利を得ることも可能だ。ブロックチェーンがアフリカの人々に恩恵をもたらすことを、とても楽しみにしている。

バイナンススマートチェーン(BSC)の上にプラットフォームを構築した理由としては、速度、クロスチェーン送信のサポート、低料金、イーサリアム(ETH)仮想マシンとの互換性などの機能が魅力的だったと述べる。

スマートコントラクトで信用組合を構築

プロジェクトの企画書によると、Xend Financeのユーザーは、スマートコントラクトを用いて信用組合となるグループをプラットフォーム上で結成し、貯蓄、貸し付け、投資などを行うことが可能だ。

グループは、スマートコントラクト上でユニークなIDを持つ。グループの作成者は、最初に預金額やグループへ寄付金を預ける時間的間隔など、事前にその信用組合のルールを定義。こうしたルールはスマートコントラクトに保存されることになる。

会員は、手持ちの暗号資産(仮想通貨)や法定通貨をステーブルコインと交換したり、貸出プラットフォームに仮想通貨を預けて利回りを得ることなど、様々な機能にアクセス可能だ。なお、プラットフォームは個人の貯金にも利用できる。

Xend Financeは、メインネット立ち上げと同時に、独自の仮想通貨「XEND」トークンを発行。プラットフォームのユーザーは、このトークンを使用して、プロトコル内で行った様々な操作について報酬を得ることが可能だ。また、Xend Financeエコシステムの分散型ガバナンスを可能にするトークンでもある。

プロジェクトのブログによると、Xend Financeは、自律分散型組織(DAO)として構築されており、XENDトークンを保有するメンバーが、ガバナンスや機能について投票できるようになることが重要だという。

自律分散型組織(DAO)とは、一般的に中央管理者が存在せず、その参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる、分散型の自律組織を意味するものだ。

関連自律分散型組織(DAO)を法人化する法案が上院可決──米ワイオミング州

バイナンスも早くから支援

公式ブログによると、Xend Financeのコミュニティは順調に成長している。1月にネットワークのテストを実施した際には、75カ国から1,500人以上が参加した。2月には、アフリカの大手信用組合ともパートナーシップを結び、3月には、TelegramやTwitterなどSNSのフォロワーが数万人を超えたという。

バイナンススマートチェーンを提供するバイナンスのCEO、CZ氏は次のようにコメントした。

アフリカ大陸は、DeFiとブロックチェーンの将来性を象徴する、最も重要な場所の一つだ。

私たちが早くから支援してきたチームの下で、Xend Financeのメインネットがローンチされて非常に嬉しい。チームはアフリカに強固な地盤を持っており、バイナンススマートチェーンで達成できることの賛同者でもある。

Xend Financeのプラットフォームにより、今まで機会を得られなかった人々にステーブルコインやDeFi投資を提供することができる。

バイナンススマートチェーン(BSC)は、2020年9月にバイナンスが立ち上げたもので、DeFiプラットフォームとして人気が上昇中。DApps(分散型アプリ)が利用可能で、バイナンスの独自トークン「BNB」を使うとイーサリアムよりも手数料が安くなることも人気の理由とされている。

一方で、DeFiという新興分野を扱っていることもあり、最近は詐欺プロジェクトによる被害も続いている。プロジェクトの信頼性確保は今後の課題となりそうだ。

関連BSC基盤のTurtleDEXで出口詐欺、被害額が2.5億円相当

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧