CoinPostで今最も読まれています

米仮想通貨取引所コインベース:ウィキリークスの取引アカウントを凍結

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinbaseがWikiLeaks Shopのアカウントを停止
アメリカの大手仮想通貨取引所「Coinbase」は、国際的非営利団体「WikiLeaks」の商品販売部門であるWikiLeaks Shopの取引アカウントを規約違反として凍結しました。WikiLeaks側は、「アカウント停止の理由について十分な説明を受けていない」と不満を表明、論争に発展しています。
WikiLeaksは運営費をビットコイン寄付に依存している
過去にWikiLeaksが銀行システムやVISA、PayPalなどからブロックされた時、代替決済手段として注目されたのがビットコインでした。Coinbaseによる今回のアカウント停止は、過去の利用禁止措置に重複するところがあります。WikiLeaksはその運営費を寄付に依存しており、ビットコイン決済をブロックされることはWikiLeaksにとって致命的です。

CoinbaseがWikiLeaks商品販売部門のアカウントを停止

米国の大手仮想通貨取引所「Coinbase」は、匿名により政府、企業、宗教などに関する機密情報を公開するウェブサイトを抱える非営利組織「WikiLeaks」の商品販売部門「WikiLeaks Shop」の取引アカウントの凍結措置を講じました。

WikiLeaksは、Twitter上でCoinbaseから送られてきたというメールを掲載しています。

メールには、「WikiLeaks Shop」がCoinbaseの利用規約に違反したため、今後Coinbaseのサービスが利用できない旨が記されています。

WikiLeaksは、「この騒動は突然のことで、Coinbase側からなんの説明も受けてない」と発言。不満を露わにしています。

以下はWikiLeaks Shopのツイートです。

さらにWikiLeaksは、「Coinbase」を仮想通貨界のメンバーとして相応しいくないと言及、Coinbaseに対する”グローバルな封鎖”を呼びかけています。

米国の政治ブログサイト「Gateway Pundit」は、WikiLeaks Shopが、2018年3月から仮想通貨支払いを受け取ることをブロックされていると報じています。

また、ほぼ同時期にAssange氏が、ウェブサイトにアクセスできなくなりました。

WikiLeaksのスタッフは、再三に渡ってCoinbase側に説明を求めていますが、Coinbaseの決定に関して十分な説明を得られていないとしています。

WikiLeaks運営費はビットコイン寄付に依存

過去にWikiLeaksが従来の銀行システムから閉め出された時、代替の決済手段として注目されたのがビットコイン(BTC)でした。

Gateway Punditによると、WikiLeaks Shopのスタッフは今回の騒動について次のように語っています。

数年前にペイパルとマスターカードからブロックされた時同様、Coinbaseにビットコイン決済をブロックされることは、WikiLeaksにとって致命的だ。

米国財務省の財務犯罪執行ネットワークに登録されているCoinbaseは、WikiLeaksアカウントは「利用規約に違反、禁止項目に抵触していた。」と見解を述べています。

2006年に設立された「WikiLeaks」は、引き続き検閲済みのデータを公開できるようサイトを稼働させるための運営費を寄付に頼っています。

WikiLeaksへのビットコインの寄付は、引き続き同社のウェブサイトから実行可能で、イーサリアム、ライトコイン、ジーキャッシュ、モネロを寄付することも可能です。

WikiLeaks Shopのアカウント閉鎖というCoinbaseの決定は、仮想通貨取引アプリ「Robinhood Crypto」が最近コロラド州で開設した取引プラットフォームを使って、米国への拡大を推進している最中に発生しており、問題が収束するまで今後も波乱を巻き起こす可能性があります。

CoinPostの関連記事

最大級の米株式アプリ「Robinhood」が仮想通貨価格上昇の要因となるか
ビットコインをはじめとする「仮想通貨の暴落」が止まらない中、アメリカ最大規模の株式アプリ「ロビンフッド(Robinhood)」が、2月末までにビットコインやイーサリアムの取引開始を準備中。早くも100万人を超える事前登録数を記録しています。

Coinbase Suspends WikiLeaks Shop for Terms of Service Violation

Apr 21, 2018 by Gerelyn Terzo

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 木曜日
08:15
通信アプリ「テレグラム」 独自のDEXを開発する計画
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧