LINEブロックチェーン、Theta.tvの報酬プログラムを開始

LINEブロックチェーン、Thetaのインセンティブプログラムを開始

大手メッセージアプリ「LINE」の手掛けるLINEブロックチェーンは1日、分散型動画ストリーミングネットワークを展開するTheta Networkのユーティリティートークン「HEARTS」(TFUEL相当)の保有量に応じて、暗号資産(仮想通貨)LINK(LN)と交換可能な「LINKリワード」を付与するインセンティブ・プログラムの開始を発表した。

Theta Networkは分散型の動画配信ネットワーク。ネットワーク全体で帯域幅を共有することでインセンティブが受け取ることができる。

Theta NetworkはLINEのグループ会社LINE TECH PLUSと昨秋に提携を発表。ThetaはストリーミングプラットフォームTHETA.tv上でインターネットの帯域幅(Bandwidth)をシェアする分散型のエコシステムを提供しているが、日本の規制の関係上から配信システムにアクセスできなかった。

LINEブロックチェーンと提携することでLINEブロックチェーン上のdAppsとして日本ユーザーからも3月からダウンロード可能となっていた。動画コンテンツをストリーミングする際、余った帯域幅を他のユーザーと共有することで、集めた「HEART」の保有量に応じて「LINK」と交換可能な「LINKリワード」が付与される仕組みだ。海外では、TFUELトークンが報酬として付与される。

受け取ったLINKリワードは、LINEのデジタルアセット管理ウォレット「BITMAX Wallet」で仮想通貨LINK(LN)の受取申請が可能となる。

2021年絶好調の仮想通貨THETA

メインネットを2019年にローンチしたTHETAネットワークのガバナンストークンであるシータ(THETA)は20年後半から上昇を始めており、2021年に入り指数関数的な上昇を継続。4月1日時点で、Thetaの年初来騰落率は+623%を記録。現在時価総額12位に位置する。

出典:CoinMarketCap

著者:Noah Sakamaki
参考:公式

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します