ベンチャーファンドDraper Goren Holm、テゾスエコシステムのスタートアップに投資へ

テゾスのエコシステムを支援へ

ブロックチェーンスタートアップへの投資やインキュベーションを行うDraper Goren Holmは、暗号資産(仮想通貨)テゾスのブロックチェーンを利用するスタートアップに新たに投資を行っていくことを発表した。

2500万ドル(約28億円)規模のファンドからスタートアップに投資を行うだけでなく、「テゾスブロックチェーン上のスタートアップをインキュベートし加速させる計画」だという。

Draper Goren Holmはベンチャーファンドまたはベンチャースタジオとして、著名ベンチャー投資家のTim Draper氏のほか、Alon Goren、and Josef Holmらによって設立された。

創設者の一人であるTim Draper氏は以前よりテゾス自体への投資で知られており、今回の発表にあたりブログで以下のようにコメントしている。

テゾスはPoSを使用し、スマートコントラクトや低電力消費などにおいて優れたプラットフォームだ。テゾスブロックチェーン上のプロジェクトに投資することに興奮しており、有望な未来があると信じている。私たちはテゾスがスマートコントラクトのスタンダードになると信じている。

これまでにも、Draper Goren HolmはテゾスでステーブルコインUSDtezの開発を行っているTezos Stable Technologiesや、NFTマーケットプレイスのKalamintなどに支援を行ってきた。今回の発表はそういった動きを更に強化するものと見られる。

また、テゾス財団はファンドのリミテッドパートナーになり、今後、テゾスのエコシステムに属するスタートアップに投資を行っていくとしている。

著者:t.tenporin
参考:Draper Goren Holm

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します