ファッション大手Bape、「Mintable」で限定NFTローンチへ

BAPEが独自NFTリリースへ

大手ストリート系ファッションブランド「A BATHING APE®」(BAPE)は24日、4月末に独自NFT(非代替性トークン)のリリースすることを発表した。

姉妹ブランドのAAPEと共に、限定NFT5種類をマーケットプレイス「Mintable」で販売する。

ア・ベイシングエイプことBAPEは、ファッションデザイナーNIGO®が1993年に立ち上げたファッションブランドで、2011年に香港上場の大手アパレル企業I.Tによって買収された経緯がある。

今回のNFTのリリースでコラボしたのはCROSS STUDIOで、Tirith Capitalがアドバイザーを務める。Tirith Capitalの創設者であるJimmie Jeremejev氏は以下のようにコメントした。

BAPEは、過去にもマーベルやスポンジ・ボブ、任天堂などのパートナーとコラボレーションした実績があり、ユニークなデザインでブランド体験を提供している。最先端デジタルアートNFTとのコラボレーションは必然と言えるだろう。

NFTマーケットプレイスMintableの創設者であるZach Burks氏は、次のように述べた。

BAPEとAAPEは、他ブランドとのコラボレーションで知られており、ストリート且つ国際的な知名度を兼ね備えたユニークなブランドだ。彼らがMintableで初めてのNFTを独占的に発売してくれたことを非常に誇りに思う。

5種類の限定NFTは4月30日より、Mintable上で販売が開始する予定だ。

また、Mintableでは今週29日からドラフトを控える米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の大物ドラフト候補のTrevor Lawrence選手のNFTも販売予定となっている。

著者:Noah Sakamaki
参考:Complex

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します