ネムの仮想通貨Symbol(XYM)の新取引ペア追加、Bitrueがサービス拡大

Bitrue、Symbolの新サービス拡大

暗号資産(仮想通貨)取引所Bitrueは28日、ネムの新通貨Symbol(XYM)とテザー(USDT)の新たな取引ペア追加と投資サービス「Power Piggy」への対応開始を発表した。

Symbolは3月にネムの現行チェーン「NIS1」の大型アップデートで誕生した、セキュリティや処理能力の面の向上が期待される新チェーン。開発者、企業、個人向けに設計されており、エンタープライズ規格のブロックチェーンと称されている。

関連:仮想通貨シンボル(XYM)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性

今回導入が決まったのはBitrueの「Power Piggy」という投資サービス。25の対象銘柄を預けることで、Bitrue口座に2%から12%の利息が支払われる仕組みとなっており、仮想通貨取引所で主流となる以前の2019年に提供を開始したBitrue独自の商品だ。

また、Bitrueは発表に併せて、仮想通貨XYMとテザー(USDT)の取引ペア追加を発表した。Bitrueでは既にXRP/XYMの取引ペアが提供されている。

BitrueのAdam O’Neill CMOは以下の通りコメントした。

2ヶ月前にXYMを当社の取引所に導入することを発表したとき、コミュニティの反応はすぐにとてもポジティブなものだった。可能な限り多くの方法でこのコインをサポートしなければならないと感じていた。

それ以来、私たちはXYMを私たちのDeFiファーミング商品に導入し、取引コンテストを実施、現在は投資サポートを開始しようとしている。

また、NEMグループのFlora Fang CMOも以下の通りコメントを残している。

Symbol XYMのローンチ期間中、Bitrueのサポートを受けられたことを我々を始め、コミュニティー一同大変嬉しく思っている。この業界でビジョンを共有して、ポテンシャルを最大限発揮できるよう手助けしてくれるパートナーを見つけることは非常に重要だ。

両社が今後も成長を続ける中で、引き続き緊密な関係を続けていきたいと思う。

Bitrueでは既に、新チェーン誕生に先駆けてIOU取引や、将来的にXYMを報酬として最大年利60%付与する「DeFi」プロダクトで導入されていた。

関連:ネムの新通貨Symbol(XYM)、仮想通貨取引所BitrueがDeFiイールドファーミングとIOU取引を開始

Bitrueとは

Bitrueはトレードやローン、投資など幅広い金融サービスを提供する仮想通貨取引所。2018年7月に設立された。

これまでにもGALAなどNFTをはじめとする新たな領域を開拓する銘柄を早期に上場してきたことで定評がある。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します