米国初、イーサリアムETF申請へ──VanEck

米国初のイーサリアムETF申請

米大手アセットマネージャーVanEckは米国で初めての暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)ETF(上場投資信託)の申請目論見書をSECへ提出したことがわかった。

目論見書は米国の金曜日に提出されたもので、CboeのBZX取引所への上場が目指される。BZXはVanEckのビットコインETFの共同申請企業でもある。

米国では現在、複数のビットコイン(BTC)上場投資信託が申請されているが、未だ審査中の状態にある。一度も承認された事例はないものの、カナダやブラジルで次々と実現した事例から、米SEC(証券取引委員会)も年内に承認する可能性への期待が高まりつつある。

ビットコイン・イーサリアムETFの申請や上場の最新状況をまとめた記事はこちら。

ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ
【随時更新】米SECに申請中の「ビットコインETF(上場投資信託)」やイーサリアムETFなど、仮想通貨関連の金融商品について、申請・審査状況と関連記事まとめを掲載。

北米においてはカナダが初めてビットコインETFとイーサリアムETFを承認した国であり、複数の商品がすでに取引されている。

例として、4月19日にカナダで上場した3iQ CorpのビットコインETFはわずか3週間ほどでBTCの運用資産額は約900億円(10億カナダドル)に達しており、投資家からの高い需要が反映されている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します