CoinPostで今最も読まれています

米ウィスコンシン州:BTCなど仮想通貨による政治献金の是非を検討へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

時代を先取りする仮想通貨献金
仮想通貨を使用した政治献金について、ウィスコンシン州で議論が活性化。モンタナ州やワシントンD.C.ではすでに政府に承認されており、2016年の大統領選では、ビットコイン献金を受け取った大物政治家もいました。

仮想通貨と政治献金

米ウィスコンシン州の倫理委員会は、ビットコインや他の仮想通貨での「政治運動への寄付(政治献金)」を認めるか否かで意見が別れています。

もしこれが承認されれば、ビットコインのマイニング事業に助成金を交付することを決めたモンタナ州や、ワシントンD.C.に続き、アメリカ政府による選挙活動における仮想通貨献金の容認を受けることになります。

4月24日の公聴会では、ウィスコンシン州の倫理委員会が議題を取り上げたものの、即決とはならなかったと「WiscNews」が報じました。

ウィスコンシン州リバタリアン党の議長である「Phil Anderson(アンダーソン)」氏は、容認派を牽引しています。

同氏は、以下のように訴えました。

「仮想通貨による”価値の保存”は、今や多くの人々に認められつつある。」

シカゴ・オプション取引所も、ビットコインのための先物市場を提供している。

「企業や政府は、すでに仮想通貨を扱うかどうかではなく、どのように扱っていくかに論点を置いている。」

仮想通貨寄付者の匿名性を懸念

委員の中には、この提案に対して二の足を踏んでいる人もいます。

例えば匿名の仮想通貨寄付は追跡不可能であり、それによって「政治資金規制法違反」を容易にしてしまうことを懸念しているのです。

「その資金を誰が寄付しているのか、正確かつ迅速にわからない状況であれば、簡単に容認することはできない。」

と、委員の1人「Pat Strachota」氏は述べました。

ウィスコンシン州議員で民主党員であるJimmy Andersonは、以下のようにツイートしました。

「デジタル通貨の寄付を認めることは非常に危険であり、誰が寄付したのかを隠すことができるのは、倫理的にみれば悪夢でしかない。」

これに対しリバタリアンのアンダーソン氏は、ウィスコンシン州は「連邦選挙委員会と同じ指針を定めるべき」だと主張しました。

連邦選挙委員会は、ビットコインは即座にアメリカドルに変換され、贈り物のように現物出資として記録されることを求めています。

カリフォルニア州では、仮想通貨を政治献金として認めることを政治家に推奨はしてはいないが、禁止もしていません。

仮想通貨を政治献金として認めるアメリカ合衆国議員は増えているので、これを認めることに消極的であることは驚くべきことです。

BTCの政治献金を受け入れた米政治家

アメリカ合衆国の上院議員「Rand Paul(以下 ポール)」氏は、2016年の大統領選に出馬した際、ビットコインを政治献金として公に認めました。

結果的には、現大統領の「ドナルド・トランプ」氏に破れることになりましたが。

ポール氏は共和党所属ですが、個人的哲学によりリバタリアンであることを公言しており、彼が仮想通貨を擁護することに驚きはありません。

同じような話で言えば、ミズーリ州共和党の「Austin Petersen(以下 ピーターソン)」氏は上院議員に出馬しており、2018年の1月には少額のビットコイン寄付(合計9,700ドル)を受け取りました。

ピーターソン氏の選挙対策本部長の「Jeff Carson(以下 カーソン)氏」は、仮想通貨を擁護することは、彼のリバタリアンとしての政治哲学に沿っていると発言しました。

カーソン氏は、「ビットコインなどの仮想通貨が大勢の支持を得るほど人気になったので、使いこなすのはそう難しいことではない。」とABC Newsに伝えました。

大半の政治家は、お金をくれる人から献金を集めるだけであり、大抵の人は政治献金として代替通貨を用いることに消極的になる理由を理解できません。

「仮想通貨は、決済の方法が異なるだけ。」とニューヨーク州の政治家の報道官は発表し、このように続けました。

「ビットコインに匿名性があるというのはよくある誤解で本当はない。ブロックチェーンによって追跡が容易だからだ。」

ビットコイン価格の見通し

仮想通貨についての討論は、世界各地で絶え間なく続いており、BTC価格もこの一週間で堅調な回復を見せています。

結果的には、Fundstratの共同創設者であり、米著名アナリストであるTom Lee氏のレポート「米確定申告日を終えて急騰する」によって煽られた形になりました。

さらに、巨万の富を持つトップベンチャーキャピタリストの「Tim Draper」が、2022年に向けてビットコインの価格予想を25万ドル(約2500万円)に設定した後、ビットコインのスランプやその後の回復を正確に予想していたアナリストも、短期的なビットコインの価格予想を11,500ドル〜11,800ドル(約115〜120万円)に設定しています。

Blue Line Futuresの代表のBill Baruchは、次のように述べました。

「国際的な規制強化という向かい風や、税金支払いのための換金期間を終えたことで、売り圧力などの抵抗は半減した。」

「懐疑論者の声が次第に大きくなっているが、それでも専門家の多くは、ビットコインの見通しが中・長期的に明るいと信じている。」

Wisconsin Mulls Allowing Bitcoin Donations for Political Campaigns

APRIL 25, 2018 by Samantha Chang

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジを小会社化
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧