国外におけるフォビトークン(HT)ユースケース解説|フォビジャパン寄稿

フォビトークン解説

フォビトークン(以下HT)は、2018年1月にHuobi Globalによって発行されて以来、世界中で現在約30社の取引所で取り扱われています。HTの経済圏(エコシステム)は、Huobiグループによって世界中に広がっています。

フォビジャパンでは、日本国内においてHTを利用できるエコシステムを拡大・発展させることを目的のひとつとし、HTの取扱いを20年7月から開始しました。取扱開始以来、HT保有者は増加しており、年初から3倍になっております。

今後、フォビジャパンのサービス拡大とともに、HTを投資目的だけに限らず、幅広く使用して頂けるようになると考えております。

執筆時点のHTチャート(2021年4月27日16時)

HTの主な用途

2021年4月現在、HTはHuobi Globalの取引所で取り扱われていますが、主な用途は以下の通りです。

①取引手数料割引

HTで取引所での取引手数料を支払うことにより、HT保有量等に応じて取引手数料が通常よりも割引されます。

下記はHuobi Globalにおける、HT保有数に応じた手数料割引率の一覧です。

引用:Huobi Global

②Huobi Globalのイベント参加資格

Huobi Globalでは、「Huobi Prime」や「Huobi FastTrack」と呼ばれるHTを利用した暗号資産(仮想通貨)銘柄の新規上場投票を実施しています。

各自の投票数は、HTの保有数に従って割り振られます。投票した暗号資産が上場した場合、投票数に応じた数量の対象暗号資産を市場価格よりも割り引いた価格で購入できます。

投票に使用したHTは焼却(バーン)されますが、投票した暗号資産が上場できなかった場合、投票に使用したHTはユーザーに返却されます。

関連:大手仮想通貨取引所HuobiのHTトークン、月次バーン量が過去最高に

③ガバナンス投票

HTのコミュニティからHuobi Globalに提出されたHTの運用についての意見を、HT保有者の投票により決定する仕組みも存在します。コミュニティの投票ルールでは、最終的に支持率が50%を超えると、その議題は可決されます。

④HTを使った仮想通貨関連サービス

Locking and mining

HTをロックアップ(暗号資産を一定期間売らないこと)することで、仮想通貨を受け取れるサービスです。ロックアップの数量と日数に応じ、Huobi Globalの独自トークンHPT(Huobi Pool Token)を受け取ることができます。

Cross-margin guarantee deposit

クロスマージン方式のレバレッジ取引を、HTを担保にしてHuobi Global上で実施することができます。

OTC Merchant Fees

OTC取引にかかる手数料をHTで支払うと、割引を受けることができます。

取引所以外でのHT用途

HTは、取引所を利用するユーザーだけが利用できるものではありません。上記以外にも、HTは幅広い用途があります。その中から3つをご紹介します。

アプリケーションでの利用

現在、旅行サイト「Travela.com」での支払い手段としても使用できます。旅行以外にも、多岐に渡る分野のアプリケーションでHTが利用できるようになっています。

現在対応しているアプリケーションは数十程度ですが、将来的には更に多くのアプリケーションでHTが利用できるようになる予定です。

NPOへの寄付

Project HOPEは、1958年から活動を開始している人道支援団体で、世界中で様々な医療支援活動などを行なっています。この団体ではPaypalやクレジットカード経由での寄付を募っていますが、HTでも寄付ができます。

仮想通貨や法定通貨の借り入れ

YouHodlerは、仮想通貨を預け入れて利子を得たり、異なる仮想通貨や法定通貨の借り入れができるサービスです。HTは担保として利用でき、米ドルやユーロ、英ポンド、スイスフランを借りることができます。

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します