『ビットコイン採掘のエネルギー問題に透明性を』テスラ・イーロンCEOらと北米マイナーが取り組み

環境問題に取り組む北米マイナー

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)をバランスシートに持つ米テスラやマイクロストラテジー社のCEOが北米のマイニング業者と会議を行い、エネルギー消費の透明性を推進することに合意したことがわかった。

25日、テスラのイーロン・マスク氏やマイクロストラテジーのセイラー氏は、北米のマイナーとの会議を報告。

マスク氏は、「北米のマイナーと会話した。業者たちは、現在のエネルギー消費および今後の再生エネルギーの利用計画について報告書を公開していく。期待できる動きだろう」とコメント。

セイラー氏は「マスク氏が参加してくれて嬉しく思っている。会議に参加したマイナーたちは、エネルギー消費の透明性を推進し、グローバルで持続可能なイニシアチブを加速させるために、『ビットコインマイニング評議会』を立ち上げることに合意していた」と説明した。

会議に参加したのは、Argo Blockchain、Blockcap、Core Scientific、Galaxy Digital、Hive Blockchain、Hut8mining、Marathon、Riot Blockchainといった主要マイニング関連企業だ。これから、エネルギー消費の報告基準を定め、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)という長期的成長の目標となるESGを目指し、市場参加者を教育しマーケットプレイスを成長させていくという。

Galaxy DigitalのノボグラッツCEOは会議について、「セイラー氏が今回の会議をホストしてくれて感謝する。そしてマスク氏も参加し耳を傾けてくれたことをありがたく思う」とコメントした。

今回の北米マイナーの共同会議の背景には、テスラが先日マイニングのエネルギー消費を問題視しビットコインによる決済を停止した動きがある。テスラの発表以来、ビットコインおよびその他のPoW系銘柄のエネルギー消費の環境問題をめぐる議論は以前よりも激しさを増している。これらのニュースは、テスラやマイクロストラテジー、スクエアといった米上場企業の保有するビットコインに関わる戦略にも影響するとして、警戒感が出ていた。

なお、マスク氏やセイラー氏はその後の声明で、ビットコインは売却していない点を明確にしている。

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します