コインチェックNFT、アイドルグループ「SKE48」の限定デジタルトレカ販売へ

コインチェックNFTにSKEトレカ

コインチェック株式会社が提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」にて、アイドルグループ「SKE48」とコラボレーションしたデジタルトレーディングカード「NFTトレカ」の取扱いを16日より開始することがわかった。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

限定販売されるNFTトレカ

コインチェックNFTは、今回の「NFTトレカ」取扱い開始を記念したスペシャルコラボ企画として、デジタルトレーディングカード「おでかけNFTトレカ」を2021年6月16日より順次限定販売する。

今回限りの特別なカード「おでかけNFTトレカ」は、今年4月10日〜11日に日本ガイシホールで開催された松井珠理奈(まついじゅりな)さんと高柳明音(たかやなぎあかね)さんの卒業コンサート全3公演にてメンバーを撮り下ろしたもの。販売枚数は、計100枚(20種類×5枚)となっている。

出典:コインチェック プレスリリース

カードごとに固有の画像・音声・動画等のデータが内包された「NFTトレカ」は、デジタルデータに資産価値を持たせるのみならず、新たな形のファンコミュニケーションとして期待されている。

コインチェックNFTとは

「Coincheck NFT(β版)」は、21年3月24日にローンチしたNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスだ。

暗号資産(仮想通貨)イーサリアムのネットワーク手数料(Gas代)の高騰や複数のサービスを介した難しい取引など、これまでのNFTの取引における課題解決を目指している。

最大の特徴は、暗号資産取引サービスと一体型となった国内初のサービスであり、コインチェックの口座を持っていれば、NFTの出品・購入・保管がワンストップで可能となる。現在、「Coincheck NFT(β版)」では、2種類のブロックチェーンゲームで利用可能なNFTを取扱いしており、2021年3月の提供開始から2ヶ月で利用者数は2.5万人を突破した。

すでにブロックチェーンカードゲームの「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」や世界的人気を博す「The Sandbox」で利用可能なNFT(デジタルアイテム)を取り扱っており、今後はアートやスポーツなど幅広い分野に拡大していく方針を示していた。

著者:CoinPost編集部
参考:コインチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します