仮想通貨取引所Phemex、預入報酬得られるサービス対象にビットコインを追加

ビットコインを暗号資産管理サービスに追加へ

暗号資産(仮想通貨)取引所のPhemexは、仮想通貨の預け入れサービス「Earn Crypto」がビットコイン(BTC)に対応したと発表した。

これによりEarn CryptoサービスはUSDTとBTCの二つに対応することになる。

取引所としては、ビットコインを長期的に保有したいユーザーの需要に応える狙いがあり、Phemexはプレスリリースで以下のようにコメントした。

ビットコインの人気により、我々の多くのユーザーは市場の状態やボラティリティに左右されない真の保有者である。ビットコインの追加によって、ビットコインを持ち続けながら、追加の金利収入を得られるということが可能になる。

レンディング・ステーキングサービスの需要続く

仮想通貨を預けることで報酬を得られるサービスは、仮想通貨を売却することなく保有し続けながら、定期的な報酬が得られることが魅力となって長期保有したい層などへ人気が拡大している。

定期的な報酬を得られるサービスにはステーキングサービスやレンディングサービスなどがある。

ステーキングサービスは、一般にPoSと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用している暗号資産を対象にしており、取引所がステーキングを行い、保有量に応じて得られる報酬をユーザーに分配する仕組みが一般的だ。

国内でも、取引所ビットフライヤーやGMOコイン、コインチェックといった大手取引所が同様のサービスを提供してきた。

また、レンディングサービスは仮想通貨を貸し出すことで、貸し手は運用するなどして得られた利益の一部をユーザーに分配する。Phemexのサービスもこちらに該当するとみられる。

レンディングサービスでは仮想通貨のロックがされることが一般的だが、Phemexは1日単位で引き出しが行える選択肢も提供することが特徴だとしている。

著者:CoinPost編集部
参考:Phemex

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します