ビットコイン採掘速度、中国マイナー海外移転などの影響で「100EH/s」水準下回る

ハッシュレートの下落、中国の規制が影響か

中国当局の規制強化により、マイナー(採掘業者)締め出しが本格化していることで、ビットコイン(BTC)の採掘能力を示す「ハッシュレート」にも大きな影響を及ぼしている。

中国では、仮想通貨を取り巻く環境が一段と厳しくなっており、これまで四川省、雲南、新疆、青海など4つの地域でマイニングビジネスを廃止に追い込む政府の動きが報じられた。同国内では、マイニング事業継続のために海外に拠点を動かす動きが相次いでおり、この影響でビットコインのハッシュレートが一時的に急落している。

ビットコインのハッシュレートはマイニングの秒間計算力を指すもので、強気トレンドにおける企業の採掘ニーズや採掘マシンの性能向上によって、ハッシュレートは長期間上昇傾向にあった。一方で、ハッシュレートの下落はマイナーのマイニング活動の停滞、及び縮小を意味する。

Wu Blockchain(Colin Wu氏)によると、ビットコインの過去24時間の平均ハッシュレートはピークから-50%近く下落。90EH/s近くまで落ち込んだ。

同様の数字は、Bitcoin.comなどのサイト上でも確認できており、100EH/sを下回るのは20年11月以来約半年ぶりとなる。最初に同水準を超えたのは、19年9月だった。

出典:Blockchain.com

マイナー

マイナーとは、マイニングを行う人や組織を指す。主に「採掘業者」のこと。

▶️仮想通貨用語集

ハッシュレートの下落は価格の下落も影響

Wu氏によると、ハッシュレートの下落には中国の規制強化のみならず、直近の暗号資産(仮想通貨)の価格下落も影響している。

暗号資産自体の価格が下落したことで、マイニングの事業利益に直結し、損益分岐点を下回れば事業からの撤退を余儀なくされる。

ビットコインはその仕組み上、ブロック生成速度(10分)を一定に保つために、ハッシュレートが上昇している場合にはマイニングの難易度が上昇する。ハッシュレートの低下により、直近のマイニングの採掘難易度は大幅易化している。

過去にはビットコインの報酬が半減するタイミングで、マイニング事業の撤退者が出ることから難易度が大きく下がることが予想された例もあり、ハッシュレートの動きに依存しやすい。

マイナーの移転先は

中国のマイナーは事業継続のため、海外へ移転する例が相次いでいる。主な移動先としては米国やカナダなどの北米、カザフスタンへの移動も確認された。

マイナーのBIT Minerは先日、中国四川省でのマイニングの操業を停止。マイニング機器320台をカザフスタンに送ったとした。

これは第一弾であり、さらに2600台を6月中に送る予定だとしている。2022年にマイニング税が導入される予定のカザフスタンだが、安価な電気代事情のためマイナーの進出が進んでいるとされる。

ケンブリッジ大学オルタナティブ金融センター(CBECI)のハッシュレート分布によると、、カザフスタンは中国、米国、ロシアに続き4番目のシェアを持つ。

関連:ビットコインの採掘機器、中国から米国へ空輸事例=報道

著者:t.tenporin

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します