米SEC、ICOの情報提供企業と和解 連邦証券法違反で

SECがICOの情報提供企業と和解

米証券取引委員会(SEC)は14日、トークン販売のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に関する情報を掲載していたウェブサイトの運営企業Bloticsと和解したことを発表した。

問題となった同社のウェブサイトは「Coinschedule.com」。情報を掲載した見返りとして、暗号資産(仮想通貨)の発行者から報酬を受け取っていたにも関わらず、そのことをウェブサイトの訪問者に開示していなかったという。SECは、この行為が米連邦証券法に違反すると指摘した。

ICOとは

「Initial Coin Offering」の略。企業やプロジェクトが、独自の仮想通貨を発行・販売し、資金調達する行為を指す。

▶️仮想通貨用語集

英国を拠点にするBloticsが運営していたCoinschedule.comは、2016年から2019年8月にかけて、米国からアクセスできるようになっていたという。当時、米国からのアクセスは非常に多かったとSECは説明している。

Coinschedule.comには、ICOで販売される仮想通貨の発行者の情報や、リスクや信頼度を反映したスコアなどの情報を掲載。ICOに関心がある投資家は、このウェブサイトを参考にして、仮想通貨を購入してICOに参加するか判断を行っていたという。

SECは2017年、ICOで販売する仮想通貨は有価証券に該当する可能性があることを警告。有価証券に該当する場合、仮想通貨の販売を(有価証券として)促進する者は、情報を掲載した際に見返りとして受け取る報酬の金額も公開する必要があると、米連邦証券法で定めている。

Bloticsは今回、2017年にSECが上記の警告を行ない、SECの関連部署も忠告していたにも関わらず、Coinschedule.comで報酬について情報を提供したかったことを指摘され、認めることも反論することもせずに和解に応じた。

同社は、和解時までの利息を含め、違法に集めた資金4万3,000ドル(約473万円)を返却すること、罰金として15万4,434ドル(約1,700万円)を支払うことに同意したという。

著者:K.Kobayashi
参考:SEC

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します