日本発の仮想通貨プロジェクト創業者に聞く「日本への想い」

動画コンテンツ紹介

日本の暗号資産(仮想通貨)市場は海外と比べて遅れているや日本は暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン領域の事業を行うのに適していないと主張する声も少なくない。現に、日本を離れて事業に取り組む事業者も多くいるという状況だ。

そのような状況の中「グローバルで勝って日本に戻す」と、Stake Technologies CEO 渡辺 創太氏は主張をする。日本が好きだと主張する同氏が、どのような想いで日本を離れて海外を拠点に事業に取り組むのか?

今回のCONNECTVでは、グローバルでパブリックブロックチェーン事業に取り組むStake Technology CEO 渡辺創太氏をゲストにお招きして、「今の日本の暗号資産業界の状況」「グローバルな視点から日本を見たときのギャップ」「日本が抱える課題」などについてインタビューを実施した。

解説内容一覧

  • 日本の業界はどう見えているのか
  • 海外と日本とのギャップについて
  • 海外と日本とで取り扱われている通貨の違いについて
  • 日本でパブリックブロックチェーンのプロジェクトを行う際の障壁とは
  • パブリックブロックチェーン事業に取り組む企業の形はどう変わるのか
  • DAOが適していることやDAOが抱える課題
  • 日本の今後について
  • 金融庁、分散型金融に関する研究会の発足に
  • 動画の視聴はこちら

    CONNECTV

    仮想通貨(暗号資産)メディアCoinPostと、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想通貨・ブロックチェーン業界の注目ニュースや初心者向けの学べるコンテンツを解説するYouTubeチャンネル「#CONNECTV」。記事でわからないトピックを動画で毎日解説する内容をお届けしている。

    国内大手仮想通貨・ブロックチェーンメディアだからこそ可能な有益な情報を配信予定。今後は、国内外のさまざまなビジネスジャンルのキーパーソンと、仮想通貨・ブロックチェーン業界のキーパーソンがコラボレーションできる「場」の創出を目指している。

    24時間上昇率ランキング(国内)
    24時間下落率ランキング(国内)
    1週間上昇率ランキング(国内)
    1週間下落率ランキング(国内)
    時価総額ランキング(国内)

    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
    「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します