バンク・オブ・アメリカ:クレジットカードによる仮想通貨購入禁止を強調

BoAがクレジットカードによる仮想通貨購入禁止を強調
BoAは5/10に自社のクレジットカードでの仮想通貨購入禁止を再強調しました。同社は仮想通貨を「トラブルの種」と呼び、その扱いに手を焼いています。

BoAがクレジットカードによる仮想通貨購入を禁止

バンク・オブ・アメリカ(以下BoA)は5/10に自社のクレジットカードでの仮想通貨購入禁止を再強調し、仮想通貨を「トラブルの種」と呼びその扱いに手を焼いています。

CoinPostの関連記事

バンク・オブ・アメリカ:仮想通貨は脅威になると危機感を示す
米国の大手金融機関であるバンク・オブ・アメリカが、仮想通貨の普及に関し自社が抱く懸念について言及しました。仮想通貨事業への関わりに消極的な姿勢を示しているものの、ブロックチェーン技術には強い関心を持っており、自社内でも研究を進めています。

同銀行の最高技術責任者Kathy Bessant氏はCNBCの番組に出演し、

銀行システムでは送金者と受金者の仲介を補い透明性が確保されます。

しかし、仮想通貨は既存の銀行システムとは全く異なった設計がなされており、事実上”透明性を無視“されたシステムが構成され、決済システムとしては実に悩ましい者であると考えています。

と述べました。

BoAは今年2月にもクレジットカードによるビットコイン購入禁止令を打ち出しましたが、クレジットカードの所有者からの猛反発を受けました。

JPMorganとCitigroupもBoAの禁止令に続き同様の措置を取りましたが、JPMorganは4月に不当な購入手数料の徴収に対して消費者訴訟を受けています。

CoinPostの関連記事

JPモルガン・BoA・Citi:米大手銀行がクレジットカードでの仮想通貨購入禁止へ
仮想通貨が暴落する中、クレジットカードでの仮想通貨購入を禁止するクレジットカード会社が増えています。現在の下落相場では、投資家の損失によって返済が行われなくなるリスクが高くなるため、クレジットカードでの仮想通貨購入停止の動きが進んでいます。

クレジットカードで仮想通貨を購入する際、顧客たちの許可なく、追加料金と高い利息を同社が顧客に請求していたことで大きな問題となりました。

クレジットカードで株を買うことが許されないように、仮想通貨の場合もクレジットカードによる購入を認可するつもりはありません。

とBessant氏は付け加えています。

BoAは、2月に禁止令を施行した数週間後に、仮想通貨の将来リスクに関するレポートをリリースしました。

現在、JPMorgan Chase、Bank of America、Capital One、Citigroupの4社がクレジットカードによる仮想通貨購入を禁止しています。

Bank Of America CTO Calls Bitcoin ‘Troubling’, Reconfirms Credit Card Purchase Ban

11 May, 2018 by William Suberg

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加