CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所バイナンスが規制強化で実施する「5つの対応」 CEOが記者会見

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バイナンスが記者会見を開催

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの最高経営責任者(CEO)CZ氏は、同社の規制に対する取り組みについて、1時間ほどの記者会見を行った。

バイナンスに対する監視が厳しくなる中、同社としては世界の規制当局のルールを遵守する考えで、実際に行う取り組みを共有すると説明した。また今後もユーザーに最高なサービスを提供するために、新たに実施される規制にも従っていくことを強調している。

バイナンスは先月から今月にかけて、ライセンスを取得せずにサービスを提供しているとして、日本の金融庁や英金融行動監視機構(FCA)、香港証券取引委員会(SFC)らが警告を発出。その後、大手銀行サンタンデール銀行のイギリス支社が、顧客がバイナンスへ送金するサービスを停止するなど、影響が波及している。

関連仮想通貨取引所バイナンス 各国政府の警告・金融機関のサービス停止事例まとめ

このような規制当局の動きを受け、今回の記者会見で、バイナンスが実際に行なっているとした対策例は以下の5つだ。

  • 取引所ライセンスの取得
  • 本人確認手続き(KYC)の強化
  • 納税ツールの提供
  • 新規ユーザーに対する先物取引のレバレッジ引き下げ
  • 規制関係の職歴のある人を積極的に採用

取引所のライセンスについては、既存のルールがある国や地域で、規制下のライセンスを取得するためのプロセスを開始していると説明。具体的には、アジア太平洋地域、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)、ラテンアメリカが含まれているとしている。

本人確認手続きの強化に関しては、「Basic」のアカウント認証手続きしか行っていないユーザーに対し、出金限度額を2BTC相当(約835万円)から0.06BTC相当(約25万円)まで下げる計画を発表。新しいアカウントにはすぐに適用され、既存のアカウントに対しては、日本時間8月4日9時から8月23日9時までの間に段階的に適用していくとした。

関連バイナンス、身分証明なしの仮想通貨出金上限を変更

また、納税用のツールについては、自身の取引を確認できるようにしたり、サードパーティ製の税金対策ツールと接続できるようにしたりするため、28日にAPIをローンチすることを発表している。

APIとは

「Application Programming Interface」の略で、アプリやソフトウェア同士をつなぐ役割を果たす。APIを提供することで、第三者が開発したアプリやソフトウェアが機能を共有できるようになる。

▶️仮想通貨用語集

レバレッジの引き下げを開始したことはすでに発表されており、また人材の雇用については、規制に精通した新しい人物をCEOとして雇用するために探していることも先週から伝えられている。

関連バイナンス、証拠金取引で3法定通貨ペアを上場廃止へ

関連「米国版バイナンスはIPOを検討中」CZ氏が明かす

CZ氏は記者会見後に「今後も規制に対する取り組みを公開していく」とコメント。これからも規制機関と協力し、ユーザー保護を重要視しながら、持続可能なエコシステムを作っていきたいとした。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。
12:35
著名投資家ピーター・ブラントが痛烈批判、ゲンスラーSEC委員長の能力に疑問を呈す
著名投資家ピーター・ブラント氏は米SECのゲンスラー委員長を批判した。MFグローバル破綻などに関する過去の疑惑を引いて信頼性に疑問を呈した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧