投資アプリ米ロビンフッドのCEO、未登録でFINRAが調査へ

FINRA未登録の件でCEOを調査へ

有価証券や仮想通貨(暗号資産)の取引を提供する米Robinhood(ロビンフッド)のCEOは、金融規制機関FINRAのライセンスを取得していないとして、規制団体から調査要請を受けていることが分かった。

ロビンフッドのVlad Tenev CEOが、FINRAに登録していないことは以前から知られており、2月にCNN Businessに報道された経緯がある。

FINRA(フィンラ)

Financial Industry Regulatory Authority(金融取引業自主規制機構)の略。米金融業界の自主規制機関。米国で証券仲介を行う組織は加盟する必要がある。投資家保護や取引の透明性を確保するために規制を行っている。

▶️仮想通貨用語集

ロビンフッドは、27日付で米証券取引委員会(SEC)に提出した文書の中で、企業のリスク開示情報も掲載。その中で次のように述べられていた。

2021年7月26日、RHF(Robinhood Financial)は、Tenev氏およびBhatt氏(共同創設者)がFINRAに登録していないことも含め、登録要件の遵守に関連する文書や情報についてFINRAの調査要請を受けた。当社は、この問題を精査しており、調査に協力する。

登録義務があるか議論も

ロビンフッドに属する組織の中でも、ブローカー・ディーラーであるRobinhood Financialとクリアリング・ブローカーであるRobinhood SecuritiesはFINRAに登録されている。

背景として、FINRAは会社だけではなく、原則的に当該企業のCEOにも登録を求めている。目的としては、そうした個人が必要なトレーニングを受け、市場の仕組みを詳しく学ぶことで、諸問題を回避することがある。

ただ、ブローカーディーラーを所有している親会社のCEOについては、登録が必須となっている訳ではない。Tenev氏は、Robinhood FinancialとRobinhood Securitiesの親会社Robinhood MarketsのCEOという立場である。

このため専門家の間でも、Tenev氏がFINRAに登録されていないことを問題視するかどうかで意見が分かれているところだ。Tenev氏は親会社のCEOであるため、未登録でも問題ないのではないかとする意見もある。また、もし実態として証券業務にも携わっているのであれば、登録が必要との声もある。

エリザベス・ウォーレン上院議員は、2月時点で規制当局に呼びかけ、Tenev氏のような経営幹部が「Finraに登録し、市場の規則やリスクについて学ぶべきか」検討するべきだとしていた。

また、2020年3月に米株式市場が大幅反発した際に、ロビンフッドのプラットフォームがダウンしたことなどを巡って、FINRAは7,000万ドル(約77億円)に及ぶ罰金をロビンフッドに科した事例があり、技術面の管理やユーザーへのリスク情報伝達に落ち度があったと指摘する格好だ。

関連投資アプリ「ロビンフッド」の仮想通貨部門に30億円超の罰金か=報道

まもなく新規株式公開へ

ロビンフッドはまもなくIPO(新規株式公開)を実施する予定だ。最大350億ドル(約3.8兆円)の企業価値を目指しており、一般投資家も視聴できるようオンライン配信でIPOの事前説明会を開催した。

Bloombergなどの報道によると、同社は7月29日にナスダックに上場する計画という。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します