投資アプリ「ロビンフッド」の仮想通貨部門に30億円超の罰金か=報道

NY州当局、ロビンフッドに罰金を科す方針

有価証券の取引や仮想通貨(暗号資産)関連サービスを提供する米ロビンフッドが、法的遵守に関する問題を指摘され、3,000万ドル(約33億円)の罰金を支払う見込みであることが分かった。The Wall Street Journalなどが報道した。

ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は2020年7月より、マネーロンダリング防止やサイバーセキュリティ関連の問題を巡って、ロビンフッドの調査を開始していたという。

ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)

ニューヨーク州の政府機関。ニューヨーク保険・銀行・金融サービス法の対象となるものをはじめ、金融サービスや製品を規制している。

▶️仮想通貨用語集

報道によると、ロビンフッドは次のように声明を出した。

Robinhood Crypto(ロビンフッドの仮想通貨部門)とニューヨーク州金融サービス局は、原則的な和解に達した。Robinhood Cryptoは罰金として3,000万ドルを支払い、今後は第三者による監督を受ける。

ロビンフッドによると、NYDFSは「リスク評価に関するポリシーや手順における欠陥、インシデント・レスポンス(非常時の対応準備)や事業継続計画の欠如、アプリケーション開発におけるセキュリティ面の欠陥」について同社を問題視していたという。

NYDFSはロビンフッドに対して、顧客基本データの収集や、経済制裁に関する取引のリスク評価を含むマネロン防止プログラムなどを実施することを求めている。

また、ハッキングが発生した場合のために、サイバーセキュリティと緊急時の対応計画を維持していくことを義務付けた。

FINRAとSECからも罰金

ロビンフッドが支払わなくてはならない罰金は、今回のものがすべてではない。米金融取引業自主規制機構(FINRA)は、ロビンフッドが2016年以降、そのユーザーに対して「誤解を招く情報をユーザーに不注意に伝えていた」としており、7,000万ドル(約77億円)に及ぶ罰金を科している。

「ユーザーが証拠金で取引できるかどうかの情報」「オプション取引においてユーザーが直面する損失のリスク」など様々な側面で、不正確で誤解を招く情報を与えていたという。またプラットフォームが停止することを防ぐ技術面の管理も行っていなかったと指摘した。

特に、2020年3月に米株式市場が大幅反発した際に発生したシステムダウンについて「最も深刻な」事例だとする。

関連「補償額1500円に不満」仮想通貨取引提供の米Robinhood、大規模システム障害でFINRA調査へ

2020年12月にも米証券取引委員会(SEC)が、ユーザーに不正確な情報を伝えていたとしてロビンフッドに6,500万ドル(約71億円)の罰金を請求している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します