CoinPostで今最も読まれています

SBIレミットとSBI VCトレード、日本初となる仮想通貨を用いた国際送金サービス開始【リップル・ODL】

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ODL、日本初の利用ケース

SBIレミット株式会社は27日、日本初となる暗号資産(仮想通貨)を用いた国際送金サービスを開始したことを発表した。

SBIグループで仮想通貨取引所を運営するSBI VCトレードと米Ripple Labs Inc.と連携して、XRPを利用した送金サービスをフィリピン向けに提供する。今後は、東南アジアを中心とした送金先国の拡充を図るとしている。

利用するのは、リップル社が提供する国際送金ネットワーク「リップルネット」のプロダクトの一つである「ODL」だ。

同プロダクトは、国際送金に仮想通貨XRPをブリッジ通貨として利用する仕組みで、金融機関が現地通貨を事前に調達することを不要とする決済スキーム。国際送金時に生じる為替リスクの解消や、手数料の削減、送金速度の向上を可能とするとしている。

ブリッジを担う仮想通貨XRPと現地通貨との交換には、仮想通貨交換業者が仲介する必要があるが、今回は日本側でSBI VCトレード、フィリピン側でBetur Inc.のCoins.phが担当することになるという。

(仮想通貨を介す)ODLの活用では、国によって規制や見方が異なることを背景とした規制当局や取引所との連携が重要となるとリップル社は過去の発表で説明している。今回は、「暗号資産」としての定義の明確さやSBI VCトレードとの連携で日本でも実現するスキームとなったと見られる。

SBIレミットとしては、プレファンディング等の送金コストが低減され、国際送金事業における競争力の強化につながるものと考えているとコメントしている。

吉川絵美氏コメント

米リップル社コーポレート戦略担当バイスプレジデントの吉川絵美(@emy_wng)氏よりコメントを頂いたので紹介する。

1. 主にどのような需要があってサービスが実現したのか

現在、送金事業者にとって、1番の悩みの種は送金事業における低い資本効率でした。流動性をこれまでのバッチ型からオンデマンド型に変換するODLは、世界中の送金業者から需要があります。

2. 日本発のODL決済導入は、金融業界にどのような影響を及ぼすか

今回、日本で初の暗号資産をブリッジ通貨として活用したODLが導入されたことで、Ripple社が推進する“crypto-enabled future(暗号資産が金融インフラとなる未来)“に一歩近づいたと考えています。 暗号資産の活用によって、送金インフラの真のデジタル化、分散化が実現し、決済の低コスト化・リアルタイム化に加えて、今後、様々な新たなユースケースが誕生することを期待しています。

3. XRPを用いなかった場合と比較して、どの程度の送金コスト低減を想定されるか

顧客や送金コリドーによって異なりますが、一例としては、米国の送金業者SendFriend社はODLの活用によって75%のコスト削減に成功しています。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア