CoinPostで今最も読まれています

どれを買えばいい?仮想通貨銘柄の選び方 寄稿:ママコイナーMaki

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

こんにちは、主婦コイナーのMaki(@maki_coin)です。

前回は、仮想通貨に使われている「すごい技術」について解説しました。

今回は、数ある仮想通貨の中から、国内でも多く取引されている主要な銘柄の特徴を解説します。

また、仮想通貨売買ではどのような銘柄を購入すると良いのか、銘柄選定や売買時のリスクにも触れながら、理解を深めていきましょう。


目次
  1. 「これを買え」「絶対儲かる」はない!
  2. イーサリアム等、主要アルトコインを知ろう!
    新世代のスマートコントラクト・プラットフォーム
    日本初のブロックチェーンプロジェクト
  3. 仮想通貨銘柄を選ぶ際のポイント
  4. 草コインの可能性とリスクを正しく知ろう
  5. 仮想通貨の銘柄選びは「自分で」が大前提

「これを買え」「絶対儲かる」はない!

まず、仮想通貨は「これを買えば良い」というもの、「100%儲かる」ものはありません

今後価格が上がると期待されるようなニュースがあったとしても、いつ、どのようなタイミングで高騰するかはわからないほか、価格上昇が約束されたわけではありません。

最も知名度があり規模の大きなビットコイン(BTC)であっても、なぜ数百万円もの価値になっているのか、その理由をきちんと理解して納得した上で売買しましょう。

「あの人が良いと言ったから」「これから価格が上がると聞いたから」という理由ではなく、値動きを読み取るチャートや、銘柄に関する情報であるファンダメンタルズを調べ、自分で判断して売買しましょう。


ビットコインと主要アルトコインを知ろう!

仮想通貨は5,000を超える種類があり、日々新たな銘柄が誕生しています。

その中でも、まずは最大規模を誇るビットコインをはじめ、主要なアルトコインの特徴を理解しておきましょう。


ビットコイン

ビットコイン

ビットコイン(BTC)は、2008年にその構想がネット上で提案され、2009年1月に稼働した仮想通貨です。

構想を提案したビットコイン生みの親は「サトシ・ナカモト」と言い、個人なのか団体や企業なのか、どこの国の人物なのかもいまだにわかっていません。

ビットコインは世界中のどこにでも国境をまたいだ送金ができ、わずか10分ほどで取引が完了するなど、これまで海外送金でかかっていた費用や手間とは比べ物にならないほど便利なものとして知られるようになりました。

関連:仮想通貨ビットコインとは│初心者でもわかる注目ポイントと将来性を解説


イーサリアム

イーサリアム(Ethereum)は、ヴィタリック・ブテリン氏が19歳だった2013年に他の重要人物たちと共に立ち上げたブロックチェーン技術を基にしたプラットフォームです。このプロジェクトは、2015年に正式にスタートしました。

イーサリアムの主な特徴は、「スマートコントラクト」です。これは、予め設定された条件に基づいて自動的に取引を実行するプログラムで、特に金融取引において非常に有効です。例えば、お金を誰かに貸す場合、返済の約束を守るために契約書を交わす必要がありますが、スマートコントラクトを使えば、これらの手続きが自動化されます。事前に条件を設定し、その条件が満たされれば、自動的にお金が移動します。

スマートコントラクトのユースケースの代表例がDeFi(分散型金融)です。DeFiアプリケーションを使うと、ユーザーは仲介者なしに貸し付け、借り入れ、保険、資産運用などの金融サービスを利用できます。これにより、従来の金融システムにアクセスできない人々にもサービス提供が可能になります。

仮想通貨ETH

イーサリアムの特徴はスマートコントラクトですが、その暗号資産(仮想通貨)ETHも重要です。ETHは、イーサリアム上での取引やスマートコントラクトの実行に必要な「ガス代」として使用されます。ガス代は、ネットワーク上での取引処理に必要な計算リソースとストレージの量に基づいて決まります。

また、イーサリアムでは「ステーキング」というプロセスも導入されており、これによりユーザーはETHをロックしてネットワークのセキュリティに貢献し、その見返りに報酬を受け取ることができます。ステーキングは、イーサリアムのProof of Stake(PoS)コンセンサスメカニズムの一部として機能します。

イーサリアム(ETH)に投資したい方はこちらをチェック(PR)

関連:仮想通貨イーサリアムとは|初心者でもわかる注目ポイントと将来性を解説

エックス・アール・ピー

エックス・アール・ピー(XRP)は、リップル社が一定量保有するデジタル通貨です。この通貨は国際送金などの金融取引を迅速かつ効率的に行うために用いられています。リップル社のプロダクト以外のユースケースも構築されています。

リップル社も使用する「XRPレジャー」という技術があり、これを土台としてやり取りされるのが仮想通貨の「XRP」です。

XRPはビットコインとは異なり、マイニングによる新規発行が行われません。XRPの全量が初めから発行されており、その総数は一定です。

関連:なぜ、仮想通貨XRPに関心が集まるのか|今後の将来性と重要プロジェクト

新世代のスマートコントラクト・プラットフォーム

イーサリアムはスマートコントラクトとDAppsのパイオニアですが、ユーザー増加に伴う処理遅延と手数料上昇に対応するため、世界中でより効率的なモデルを追求するブロックチェーンが開発されています。

これらのプロジェクトは、速度、コスト、使いやすさ、スケーラビリティにおいてイーサリアムを超えるモデルを提案し、独自のネイティブ仮想通貨を導入しています。多くはProof of Stake型のステーキングを採用し、各々独特の機能とアプローチで独自の経済圏やユースケースを展開し、各ブロックチェーンの重要な役割を担っています。

ソラナ

ソラナ(Solana)は、QualcommやDropboxにおいて圧縮アルゴリズムや分散システムの管理に携わった経験を持つアナトリー・ヤコヴェンコによって創設された、高速で低コストなスマートコントラクトプラットフォーム。その独自通貨はSOLです。50,000トランザクション/秒(TPS)の高いスループットと600ミリ秒の平均ブロックタイムを基本設計としており、レイヤー2など追加のスケーリングソリューションが不要となっています。

独自のコンセンサスアルゴリズム「Proof of History」により、ネットワークの効率が大きく向上したソラナは、イーサリアムと比較してトランザクション手数料は非常に低く、1トランザクションあたり0.00001ドルとされています。この低コストと高速性が、ゲーム、金融、DeFiアプリケーションなどの幅広い分野での利用を可能にしています。

さらに、ソラナはT-Mobileの全米5Gネットワークをサポートする分散型Heliumネットワークでの携帯電話サービス提供や、VisaによるUSDC決済のサポートなど、様々な分野での採用が進んでいます。これらの特徴と実績により、ソラナは現在最も注目されているブロックチェーンプロジェクトの一つとなっています。

関連:Solana(SOL)|投資情報・リアルタイム価格チャート

関連:Solana Labs唯一の日本人エンジニアが語る、ソラナの魅力

ソラナ(SOL)に投資したい方はこちらをチェック(PR)

アバランチ (Avalanche)

アバランチは、エミン・グン・シラーによって創設されたプラットフォームです。アバランチは高速なトランザクション処理能力と低い手数料で知られており、複数のブロックチェーンを並行して稼働させることができる「サブネット」機能を通じて柔軟なカスタマイズとスケーラビリティを実現しています。DeFiや企業用アプリケーション、デジタルアセットの発行などに使用されています。アバランチのメインネットは2020年9月21日にローンチされました​​​​​​。

カルダノ

カルダノ (Cardano)は、Ethereumの共同創設者であるチャールズ・ホスキンソンによって開発され、2017年に公開されました。エネルギー効率とスケーラビリティを重視したProof of Stakeブロックチェーン。科学的研究に基づき、多様なプロジェクトに使用されています。独自通貨: ADA

ポルカドット

ポルカドット(Polkadot)は、別のEthereumの共同創設者ギャビン・ウッドによって開発されたプラットフォームです。異なるブロックチェーンを相互接続する、ユニークな「パラチェーン」技術によりクロスチェーン取引を可能にします。独自通貨: DOT

コスモス

コスモス (Cosmos)は、さまざまなブロックチェーンを統合することを目的としたプラットフォームです。独自の「インターブロックチェーン通信プロトコル」(IBC)を使用して、異なるブロックチェーンネットワーク間での通信と相互運用性を提供します。独自通貨: ATOM

ニア

ニア (NEAR Protocol)は使いやすさと拡張性に重点を置くプラットフォームです。環境に優しいProof of Stakeを採用し、NFTやゲーム、DeFiなどで利用されています。独自通貨: NEAR

sui

suiは、Mysten Labsによって開発され、2023年に開設されたブロックチェーンプラットフォームです。Mysten Labsは、Meta社(旧Facebook社)のブロックチェーン研究開発組織の元幹部や、「Move」プログラミング言語のリードエンジニアによって設立されました。独自通貨: SUI

様々な仮想通貨を購入したい方は、取引所別の取り扱い銘柄を確認してみてください。

日本発のブロックチェーンプロジェクト

アスターネットワーク

アスターネットワーク(Astar Network)は、ポルカドット(DOT)に史上3番目に接続されたパラチェーン。渡辺創太氏が代表取締役CEOを務めるStake Technologies社が開発を主導する、日本発のパブリックブロックチェーンです。23年には新たなネットワーク「Astar zkEVM」を発表し、イーサリアムのレイヤー2(L2)にも展開。独自通貨はASTRされています。

その特徴はマルチチェーン時代のスマートコントラクトハブとなるように設計されていること。イーサリアム互換のアプリだけでなく次世代開発環境WebAssemblyにも対応。ベーシックインカムを提供する「dApp staking」で開発者から支持を集め、PolychainやBinance、Coinbaseなど世界トップの投資家に支援されています。

Astar(ASTR)に投資したい方はこちらをチェック(PR)

オアシス

オアシス(OASYS)は、「Blockchain for The Games」をコンセプトにゲーム系IP(知的財産)ホルダーとゲーマー向けに構築されたゲーム特化型ブロックチェーンです。独自通貨はOAS。

Oasysの初期バリデーター(承認者)には、スクウェア・エニックス、セガ、バンダイナムコ研究所、GREEなど国内最大手のゲーム企業やbitFlyerやAstarなどWeb3.0関連企業を中心に21社が提携・参画しています。

様々な仮想通貨を購入したい方は、取引所別の取り扱い銘柄を確認してみてください。

仮想通貨銘柄を選ぶ際のポイント

数々の銘柄からどの仮想通貨に投資すべきなのか迷ってしまいますが、銘柄選びのために覚えておきたいポイントをご紹介します。


概要を知る

まず、投資を検討する銘柄がどのように使われているのかをチェックしましょう。

ゲームアプリで使われるもの、企業向けに使われるもの、医療教育など特定の分野で使われるものなど、さまざまな仮想通貨があります。

ホワイトペーパー」と呼ばれる銘柄の目的や仕組みをまとめた資料のほか、公式サイト、銘柄を支持する人によるコミュニティやSNSなどをチェックし、情報を集めましょう。


時価総額

仮想通貨の価格と通貨発行量で計算されるのが、時価総額です。

その銘柄がどれくらいの規模なのかを示すもので、投資家からの人気・信頼や銘柄の将来性を計る指標と言えます。

株式の時価総額とは違い、企業が発表する業績をもとにしたものではないため、時価総額のランキングを過信せず、あくまで銘柄選びのひとつとして参考程度に見ておくと良いでしょう。


草コインの可能性とリスクを正しく知ろう

アルトコイン

ビットコイン、そして主要アルトコインについてご紹介しましたが、投機目的で仮想通貨に触れている方は、大きく値上がりする可能性のある「草コイン」を求めるケースがあります。

草コインとは、これから爆発的な成長を見せる可能性がある、規模の小さなアルトコインのことです。

ビットコインやイーサリアムのような規模の大きな銘柄に比べ、取引される機会や量が少ないため、少し話題になるだけで何十倍にもなるなど、大きな価格変動を起こすのが特徴です。

しかし、大きく値上がりする可能性があるということは、当然値下がりする可能性も高く、リスクも非常に高くなります。

一攫千金を狙える魅力はあるものの、そのチャンスをうまく自分のものにできる人は多くありません。

情報を鵜呑みにして安易に手を出すのではなく、仮想通貨投資のリスクを知り、情報を精査する力を身につけましょう


仮想通貨の銘柄選びは「自分で」が大前提

仮想通貨

仮想通貨で億越えの利益を出す、いわゆる「億り人(おくりびと)」に憧れる人も少なくありませんが、億り人を目指すための銘柄選びは必ず自分自身で行いましょう。

「この銘柄は今から値上がりする」「将来有望だから今のうちに投資しておいたほうが良い」などの甘い言葉に惑わされず、チャートを読み取る力をつけたり、各プロジェクトの情勢を把握したりする努力が必要です。

また、資金を投じる際にも、1つの銘柄にすべてを注ぎ込むのではなく、いくつかの銘柄に分散させることもリスクを避けるために大事なことです。

次回は、仮想通貨を売買する際に利用する、各取引所の基本的な口座開設方法についてご紹介します。

また、セキュリティのために必ず設定しておくべき二段階認証など、注意点もあわせて解説しますので、ぜひご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

寄稿者:マキ@maki_coin
2017年から仮想通貨投資を始めたフリーランスの主婦ライター。 投資初心者向けに、仮想通貨に関する用語解説やプロジェクトの概要解説、ホワイトペーパーの翻訳等を行う。海外プロジェクト公式の翻訳・PR記事作成や、複数の仮想通貨メディアへ寄稿中。

ビットコイン投資の始め方はこちらをチェック

初心者ガイド 銘柄別特集

マキさんの寄稿記事

1 「仮想通貨ってなに?」初心者向けに解説

仮想通貨(暗号資産)の仕組みや、仮想通貨と混同されやすい電子マネーとの違いなどをご紹介

2 「仮想通貨に使われる”すごい技術”」初心者向けに解説

仮想通貨が価値を持ち、注目される理由の根幹である「すごい技術」について、わかりやすく解説

3 どれを買えばいい?仮想通貨銘柄の選び方

数ある仮想通貨の中から、国内でも多く取引されている主要な銘柄の特徴を解説。銘柄選定や売買時のリスクにも触れながら、理解を深めていきましょう。

4 仮想通貨取引所の開設方法とは?トレード前に知りたい注意点まとめ

実際に仮想通貨を売買する「取引所」の口座開設方法や、利用時の注意点について解説。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア