ビットコイン37000ドル台まで続落、相場全体で様子見基調強まる

ビットコイン相場と金融マーケット

4日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン価格は、前日比-1.72%の416万円(38,120ドル)と続落した。

BTCは7月30日までの9連騰の反動で8月以降は軟調な値動きが続いており、反発局面で買い戻しの入っていたアルト市場でも売りが先行するなど様子見基調が強まっている。引き続き、下値支持線(サポートライン)、一目均衡表の雲上、50日移動平均線の重なる35,000ドルあたりまでに下げ止まることができるかどうかが目下の焦点となりそうだ。

データアグリゲーターのSantimentは、大手デリバティブ取引所BitMEXの資金調達率(FundingRate)がマイナス圏にあることを指摘。現在の市場環境であれば、ダウンサイド(下振れ)リスクは限定的だとしている。

Santiment

デリバティブ市場において、FundingRateが大幅プラスになるなど過熱状態にあると、5月中旬のようにロスカットの連鎖を伴う急落リスクが高まりやすい。

海外のアナリストInmortal UP ONLY(@inmortalcrypto)氏は強気の見立てを崩していない、「BTCが7,000ドルから10,000ドルまで上昇した2020年初め頃の価格推移(下図:左)に似ている」と指摘、フラクタル(相似性)の値動きを予想した。

@inmortalcrypto

19年1月には、フラクタルによる周期的な値動きが取り沙汰されたことがある。

長期的な展望についてInmortal UP ONLY氏は、過去の歴史(チャート)と照らし合わせた上、ビットコイン半減期後の相場サイクル(4年周期)を繰り返した場合、理論値では2022年前半まで1BTC=15万ドルに達する可能性があり、その後の調整フェーズでは最大-80%(1BTC=3万ドル)まで下落する可能性があるとした。

@inmortalcrypto

大口投資家のOTC取引か

データ分析企業CryptoQuantのKi Young Ju(@ki_young_ju)CEOは、「何者かがビットコインを大量に買い集めている」との見解を示した。

発言の根拠にあるのは、CryptoQuantが提供する指標「Fund Flow Ratio bitcoin」の低下と、「Tokens transferred(転送されたトークン数)」の急増だ。

CryptoQuant

Fund Flow Ratio bitcoinは、仮想通貨取引所に入出金されたBTCの合計額を、ビットコインネットワーク全体で転送されたBTCの合計額で割ったもの。これにより、取引に関与するファンドの数を推し量り、市場におけるボラティリィティ(価格変動性)の理解に役立つとしている。

Ki Young Ju CEOは、「売買の99%は仮想通貨取引所外で行われており、おそらく大口投資家によるOTC(相対)取引だ」との見解を示した。8月2日にビットコインネットワークで転送されたBTC総額は1,310億ドルに及んだが、取引所へのデポジット及び引き出しは、内1%に留まったという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します