Thomas氏がRipple CTOを辞め新会社Coilを設立:ILPを利用し新ビジネスモデル実現を目指す

インターネット業界の現状
広告や、有料化などに依存したインターネット業界では、第三者に依存しなけらばならないのが現状です。そして、その使用条件の変更などにより、ユーザーだけでなく、コンテンツ提供者も被害を被るリスクがあるのです。
新会社設立
この問題を解決するため、Stefan Thomas氏は、リップル社のCTOを辞め、新たにCoilという会社を設立し、第三者を介さず、ウェブサイトに直接収入を与える仕組みを構築しようと試みています。
Interledger(インターレッジャー)とは
Interledgerとは異なる台帳間で支払いを送信するためのプロトコルです。つまりは、銀行の台帳にドルしか持ってない人が、銀行の台帳に円を保有している他の人に、円で送金することを可能にするということです。本来これを行うためには複数の決済ネットワークを介するため多大なお金と時間を要しますが、interledgerではリップルネットワークを介するため時間とお金を大幅に削減できるのです。

リップル社の前CTOのStefan Thomas氏(以下、Thomas氏)は、テキスト、画像、動画などを含む記事の投稿、閲覧を提供するウェブサービスであるMediumにて、自身が持つ既存のインターネット業界への疑問、そして、それを解決すべく立ち上げたスタートアップに対してコメントしました。

疑問視される現在のインターネット業界

Twitterの共同創業者であるEvan Williams氏(以下、Williams氏)が2012年に創業したMediumというウェブサービスは、ブログのような投稿、閲覧、定期購読機能を有する一方で、フォローや、いいねボタンのようなSNS的な側面も持っています。

Williams氏は、この自身のサービスを、単なる公開ツールではなく、”ネットワーク”であると述べています。

しかし、先日、Mediumは、一部ユーザーの定期購読機能を廃止し、多くのユーザー達に困惑をもたらしました。

Electric Literatureというページを運営するHalimah Marcus氏は、自身のTwitterで、Mediumからの定期購読を廃止する主旨を受け、そのページの年間収入25000ドルの損失だとを主張しました。

このように、SNSでも、Mediumでも、第三者機関のプラットフォームを収入源に使用することで、予期せぬ変更によって被害を被ってしまう場合があるのです。

Thomas氏は、記事の中で、「広告、有料化、顧客情報の販売」が、インターネット上での主なマネタイズ方法であると述べており、第三者に依存しなければならないことを主張しました。

インターネットの既存マネタイズ方法の変革

Thomas氏は、

「インターネットにおいての広告基盤の収入形態が大半を占めているのは、決済方法が欠如しているからです。」

と記述しました。

さらに彼は、以下のように述べています。

「私達がリップル社で開発の一端を担ったXRP、そして、Interledgerを使用すれば、中央集権的な機関を必要とせず、1秒間に数兆単位での取引量を処理することができるのです。

もし私達が、このようなツールを使用し、既存の広告基盤でのインターネットを代替方法を提案できたらどうでしょうか。

私達は、既存の独占的なウェブ業界を発展させ、多様化、非中央集権化も実現する、大きな可能性を秘めていると考えています。」

CTOを辞めて新会社を設立し、ILPを活用した新ビジネスモデル実現を目指す

Thomas氏は、Interledgerを使用して、ウェブ業界により活気を持たせ、アプリや、コンテンツなど、全員の取り組みにおいて適切な報酬が還元される仕組みを作るため、リップル社のCTOを辞職し、Coilという新しい会社を作ることを決意しました。

さらに、リップル社の共同創業者及び、執行会長を務めるChris Larsen氏、そして、同社のエンジニアで、Interledgerの共同開発者でもあるEvan Schwartz氏という長期に渡り、この展望を理解し、支えてきたとされる2人をCoilの役員に迎えると記述されています。

そして、記事内では、リップル社からの強力な経済的、技術的支援も受けていることを示唆しています。

まだ具体的な日程は定まっていませんが、Coilの最初のサービスは、クリエイターの支援、有料化の緩和、広告も最小限に抑え、新たなコンテンツや、機能を実現する消費者への定額購読であると述べられています。

Coilは、プラットフォームを構築するのではなく、Interledgerを取り入れたWeb Monetizationをあらゆるウェブサイトへの支払いに使用する最初の企業になるとされています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加