米コインベースCEO、5億ドル(550億円)規模の仮想通貨を購入する方針示す

「今後利益の10%を仮想通貨購入に」

米ナスダック上場の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースが、仮想通貨購入に5億ドル規模(約550億円)を充てる方針であることがわかった。ブライアン・アームストロングCEOがSNSで発表した。

同社役員会がバランスシート(貸借対照表)にある約550億円を使って、仮想通貨を購入することを認めたという。

購入する銘柄は明かしていないが、アームストロングCEOは「これからはコインベースの利益の内、10%を仮想通貨の投資に充てていく」、「仮想通貨経済圏の成熟に伴い、割合を増やす可能性がある」とし、「将来的には、さらなる仮想通貨ベース(財務資産)の事業を展開したい」と展望を示した。

また、コインベースの財務責任者を務めるAlesia Haas氏は18日、WSJの取材にて、今年4月に米ナスダックに上場して以来、今後の規制対応や市場の低迷期に備え、約4,000億円(43.6億ドル)に相当する現金を蓄えていることを明かした。仮想通貨購入の550億はこの4,000億円から拠出される可能性がある。

米コインベースは昨日、日本法人であるCoinbase株式会社の取引所のサービス開始を発表したばかりだ。グローバル展開を強化するコインベースが、潤沢な資金でどのように事業展開していくのか注目される。

追記:購入銘柄が判明

アームストロングCEOのSNS投稿に続き、コインベース側は公式声明を発表した。

声明によると、550億円規模の現金及び現金同等物で購入する銘柄の対象には、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、及びPoS系トークンとDeFi関連銘柄も含まれている。また、「これらの銘柄をバランスシートに保有する上場企業は、我が社が初めてだ」という。

PoSとは

「Proof of Stake(保有による証明)」の略。仮想通貨の保有期間も考慮する場合がある。取引の承認に高性能なコンピューターが必要で、大量の電力消費を伴うコンセンサスアルゴリズム「Proof of Work(PoW)」の代替手段として生まれた。承認を行うと、報酬として新規発行される仮想通貨を受け取ることができる。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します