米空軍、データ管理にブロックチェーン技術活用へ  Constellation Networkと契約

米空軍がブロックチェーン活用を模索

8月26日、ブロックチェーン技術を開発するConstellation Networkは、アメリカ軍のデータ管理におけるブロックチェーン技術活用に向けた、取り組みを開始すると発表した。

同社のブロックチェーン技術を利用したデータ管理のソリューションを開発、軍が扱う機密性の高い情報の管理におけるセキュリティの向上などに期待が持たれている。

Constellationは、2019年にSBIR制度によってアメリカ空軍と契約を行っており、26日に契約が次の段階となるフェーズ2に移行することが発表された。SBIRは米国で研究開発を行う中小企業を対象とした支援制度。

Constellationによると契約の目標は、ソフトウェア企業のKinnami Sofftwareと提携し、米軍の輸送(兵站)システムにおける、民間企業とのミッションデータのやり取り等を担うソリューションを開発することにある。

そのほか、Constellationの開発するブロックチェーンプロトコル(DAGをベースとした分散型台帳技術)、Hypergraph Transfer Protocol (HGTP)が利用されるとしている。

DAGとは

有向非巡回グラフ(DAG)は暗号資産において、ブロックチェーン技術に代わって取引を記録する技術として研究開発が行われている。性能面でブロックチェーンに優る点があるとされ、IOTAなどのプロジェクトが知られている。

▶️仮想通貨用語集

また、プレスリリースによると、Constellation Networkにアクセスするために、ネットワークのネイティブ暗号資産(仮想通貨)であるDAGが利用されるということだ。

フェーズ2への移行によってConstellationは、USTRANSCOM(アメリカ輸送軍)や航空機動軍団(AMC)ほか複数の組織と協力関係を結んだことも明らかにした。

USTRANSCOMは米国の陸・海・空軍の輸送(兵站)関係を一手に引き受ける組織で、その活動範囲は地球上の国家の8割に及ぶという。また、AMCはアメリカ空軍で輸送任務等を行う部隊となっている。

Constellationの共同創設者、Benjamin Diggles氏は次のように語った。

低速でコストのかかるネットワークによってブロックチェーンの普及は停滞していた。この契約は、グローバル規模のデジタル基盤における、データ保護目的でのブロックチェーンの活用について、さらに大規模かつ重要性を持つユースケースへの扉を開くだろう。

著者:t.tenporin
参考:Constellation Network

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します