OpenSea、NFT市場の週間出来高が初の1000億円超え

NFT市場の取引量

NFT(非代替性トークン)の人気上昇を受け、マーケットプレイスOpenSeaの週間出来高が10億ドル(1,100億円)を突破したことがわかった。月間では2,000億円相当のNFTが販売された形となり、8月中旬から歴代最高記録を更新し続けている。

OpenSeaはNFT専用の取引プラットフォーム。先週にも月間出来高が10億ドルを突破したばかりだったため、NFTの人気の高さが伺える。

CoinPost提携メディアThe Blockの統計データによれば、OpenSeaの月間出来高は20億ドル(2,200億円)を突破。先週時点で10億ドルを突破したばかりだった。

出典:The Block

Googleトレンド上でも、OpenSeaの検索数は前週に続き、過去最高水準を更新中。直近では、CryptoPunksやArt Blocks、Bored Apes Yacht Club(BYAC)などがOpenSea上で上位の取引量を誇る。

出典:Googleトレンド

また、先週23日には決済大手Visa社が人気NFT「CryptoPunks」を1,600万円相当で購入していたことが判明。Visa社のNFT参入を受け、CryptoPunksの出来高が急増する状況が発生していた。

関連:「CryptoPunks」95億円の出来高、Visaの購入発表で需要急増

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します