アグリゲーターOpenOcean、Avalancheにも対応

高速チェーンAvalanche統合

DeFiとCeFiの両領域をカバーするアグリゲーターのOpenOceanは8月30日、自社のアグリゲーターエコシステムにAvalanche(アバランチ:AVAX)を追加したと発表した。

今回、ブロックチェーン業界で最速のスマートコントラクトプラットフォームを謳うAvalancheを統合(アグリゲーション)したことで、 7月のHuobiエコチェーン(HECO)、8月26日のOKExチェーン統合に続き、9つめのパブリックチェーンに対応したことになる。

関連:仮想通貨トレーダーに最適な取引価格を提供するOpenOcean、Hecoに対応

Avalancheの統合により、OpenOceanのユーザーは、様々なAvalancheベースのDEXの流動性を利用し、Avalancheベースの資産を低スリッページかつ最適な価格で取引することができる。

コミュニティ投票の結果を反映

OpenOceanは21年5月、Twitter上で新たなネットワーク追加に関する投票を実施しており、投票の結果、44,000を超える票のうち12.7%がAvalanche追加を選択していた。48.7%の投票を獲得していたPolygonは既に7月に統合しており、引き続き今回もユーザーの要望を反映した形となった。

関連:アグリゲーターのOpenOcean、ポリゴン(MATIC)を統合

OpenOceanコメント

OpenOcean共同設立者であるCindy Wu氏は、今回のAvalanche統合についてこのように述べている。

Avalancheのアグリゲーションを希望する1万人以上のOpenOceanユーザーの声に、私たちは耳を傾けました。Avalancheプロトコルおよびコミュニティは、DeFiのコアバリューに忠実です。今回のパートナーシップは、DeFiの最も便利かつ安全なエコシステムを統合するという我々のビジョンの一環です。

    

Avalancheとは

2020年9月に正式ローンチしたAvalanche(AVAX)は、アバランチ財団のAVA Labsが開発する次世代の高速ブロックチェーン。コンセンサスアルゴリズムにはPoS(プルーフオブステーク)を採用し、クロスチェーン機能を備えており、イーサリアムとの互換性を持つ。NFTエコシステムにも注力しており、様々なNFTキャラクターやゲームも既に展開中だ。

Avalancheは、秒間4,500超のトランザクションを処理できるとされており、トランザクション確定(ファイナリティ)に要する時間は2秒以下という高速性を売りにしている。

また、他のネットワークと接続する機能を果たす「Avalanche Bridge」もローンチしたばかりで、クロスチェーンでの仮想通貨スワップをサポートしている。今後、OpenOceanはAvalanche Bridgeを介し、ユーザーが低スリッページな最適価格で資産を交換・移転できるクロスチェーンアグリゲーションもリリース予定だ。

関連:高速ブロックチェーンAvalanche、新たなブリッジをローンチ DeFiのユースケース拡大へ

Avalancheは過去に、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)やPolychain Capitalといった著名なベンチャーキャピタルから出資も受けており、注目度の高いブロックチェーンだ。

関連:a16z出資のブロックチェーン「Avalanche」、21日にメインネットローンチへ

主要DEX(分散型取引所)およびCEX(中央集権型取引所)の流動性を一ヶ所に集約させるサービスを提供するOpenOceanは、今後も続々と新たな仮想通貨取引所の統合を予定している。

DEX(分散型取引所)とは

分散型取引所とは、中央管理者がいない取引所を指す。

仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します