仮想通貨トレーダーに最適な取引価格を提供するOpenOcean、Hecoに対応

Hecoに対応

主要DEX(分散型取引所)およびCEX(中央集権型取引所)の流動性を一ヶ所に集約させ、ユーザーにとって最良のレートを低スリッページかつ低い手数料で提供するOpenOceanが、フォビ(Huobi)の独自ブロックチェーン「Huobi Eco Chain(Heco)」に対応したことを発表した。

OpenOceanは世界で初めてDeFiとCeFiの両領域をカバーするアグリゲーターとして、Hecoを7つめのパブリックチェーンとしてサービスに追加した。DEXやCEXの対応取引所としては、34取引所に対応したことになる。

リリースによると、DeFiエコシステムは過去に例を見ないほどのスピード感で拡大している一方で、イーサリアムチェーンなどのスケーラビリティ問題などを契機に手数料が高騰している。そのため、様々なパブリックチェーンの検討が行われているという。

OpenOceanとしては、Hecoもこれらを需要を受け入れる重要なパブリックチェーンのひとつになると見ている。DeFiなどを主眼において開発されたファイナリティまでの速度や、低い手数料、また規格・仕様の異なるブロックチェーン同士で接続するクロスチェーンに対応する仕組みなど、Hecoには複数の強みがある。これらの点はDeFiにおいて非常に重要であると考えるOpenOceanは、仮想通貨トレーダーの利便性を向上させるため、Hecoとの統合を決めたとCoinPostに回答した。

クロスチェーン

クロスチェーンとは、規格・仕様の異なるブロックチェーン同士を跨ぐこと、及びそれらを接続する技術を指す。

仮想通貨用語集

トレーダーに最適レートを提示

グローバルに広がる仮想通貨(暗号資産)市場では、各通貨の取引価格も差が生じることがあるが、OpenOceanは流動性をまとめることで投資家に最適なレートの取引を提供している。

トレーダーは、アルゴリズムで計算された最良レートを、CEXで提供されているレートと比較した後、DEXまたはCEXのどちらでトレードを実行するか選択可能になるメリットがある。OpenOceanには一般版とPro版があるが、Pro版ではスプレッド情報をもとに、元々のトランザクション実行にかかるガス代や手数料のみでアービトラージ取引等の取引にも活用することができる。

今回、Hecoに新たに対応したように、OpenOceanは様々なパブリックチェーンへの対応を順次進めてきている。Hecoの他には、Ethereum、Ethereum Layer 2 (Loopring)、Binance Smart Chain、Solana、Polygon、Ontology、TRONとの流動性の接続が完了している。

今後は、DeFiとCeFiの双方でデリバティブ、イールドファーミング、レンディング、保険商品などのサービス統合を実施する予定で、独自の複合マージン商品やウェルスマネジメントサービス(資産管理)の開始も予定するなど、暗号資産市場で広がる新たな金融市場のアグリゲーターとして注目が集まっている。

関連:アグリゲーターのOpenOcean、ポリゴン(MATIC)を統合

関連:Ethereumのレイヤー2に初対応、アグリゲーターOpenOceanがLoopringを統合

Hecoについて

Hecoは、開発者のイノベーション促進を目的に、20年12月にHuobiが主導でローンチした比較的新しいプロダクトだ。

Hecoチェーンで最も特徴的なサービスが、「メタトランザクション(Meta Transaction)」と呼ばれる機能。メタトランザクションでは、HT保有量に応じてユーザーを7つのグレードに分け、グレード毎に課されるガス代(トランザクション手数料)が異なる仕組みだ。HT保有量が多ければ多いほど、支払うガス代が少なる。ユーザーが支払わなかった分のガス代は、Hecoが負担する。HT保有者であれば、他のユーザーよりも低コストで、Heco上のサービスを利用できる優遇措置を採用している。

OpenOceanによると、Hecoはトランザクションの高速処理や、イーサリアムブロックチェーンを基盤にした設計であるためスマートコントラクトの実行が可能な点、クロスチェーン(異なるチェーン間)のトランザクションもサポートしている点にも強みがある。

トランザクションの高速処理については、公式資料によると、Hecoのブロック生成時間(間隔)は平均3秒で、TPS(Transaction Per Second/1秒間当たりに処理できるトランザクション数)は500を超える。この数字は、HPoSと呼ばれるHeco独自のPoS(Proof-of-Stake)コンセンサスアルゴリズムを採用し、バリデーターの数を最大で21ノードに限定することで実現しているという。

関連:大手仮想通貨取引所HuobiのHTトークン、月次バーン量が過去最高に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します