Ethereumのレイヤー2に初対応、アグリゲーターOpenOceanがLoopringを統合 DeFiユーザーのガス代負担を削減

OpenOceanがLoopringに対応開始

DeFi(分散型金融)およびCeFi(中央集権型金融)両方に対応したアグリゲータ・プロトコルの開発を行うOpenOceanが、高騰するイーサリアムのガス代に対処するために、イーサリアムのL2(レイヤー2)スケーリング技術「ZKロールアップ」を用いた「Loopring」のオーダーブックDEX(分散型取引所)を統合。これによりOpenOceanユーザーは、イーサリアム(L1)と同等のセキュリティを維持しながら、低コストかつ高速なトレードが可能な取引所へアクセスできるようになった。

OpenOceanはこれまでに、イーサリアムネットワーク内からは、UniswapやSushiswap、Curveなどを統合しているが、L2に対応するのは今回が初めてだ。また、OpenOceanはイーサリアムL2に初めて対応したアグリゲーターでもある。今後はLoopring以外にも、L2アプリケーションの統合数を増やしていく予定だという。

OpenOceanとは

OpenOceanとは、DeFiおよびCeFi両領域をカバーしたアグリゲータであり、主要DEXおよびCEX(中央集権型取引所)の流動性を一ヶ所に集約することにより、ユーザーへ最も良いレートを、低スリッページかつ低手数料で提供している。

OpenOceanでは、ダイクストラ法と呼ばれる、最適な経路を見つけるアルゴリズムの応用版を採用している。この方式では、ある二つの通貨をトレードするのに最適なルートを、数あるDEXの中から見つけ、最良レートを算出する。単に最も良いレートを提供しているDEXを探すのではなく、単一のDEXで取引するとガス代や手数料のコストが高くなってしまう場合は、複数のDEXを経由することにより、単一のDEXを経由よりも低コストのレートを提示する。ユーザーは、アルゴリズムで計算されたこの最良レートを、CEXで提供されているレートと比較した後、DEXまたはCEXのどちらでトレードを実行するか選択可能だ。

OpenOceanでは、サービス利用料として追加の手数料を徴収していないため(Pro版利用者は除く)、ユーザーが払う必要があるのは、元々のトランザクション実行にかかるガス代や手数料のみだ。

複数チェーンとCeFiのサポート

OpenOceanの特徴の一つが、その他の類似DEXアグリゲータと比較し、圧倒的にサポートしているチェーン数が多いことだ。

現在DeFi分野からは、イーサリアム、バイナンススマートチェーン(BSC)、オントロジーおよびトロン上で稼働している20以上のDEXが統合されており、今回のLoopring統合により、イーサリアムL2が追加された形となる。公式ブログによるとOpenOceanは、BSCで最大かつトロンで最初のアグリゲータだという。今後はSolanaやMatic(Polygon)、Polkadotの統合も計画されている。

一方でDEXアグリゲータとしては珍しく、CeFi分野のプロダクトもサポートしている。21年3月から、大手仮想通貨取引所のバイナンスが統合され、ユーザーはDEXおよびCEXの最良レートを比較できるようになった。

今後は取引所に限らず、DeFiおよびCeFi分野におけるデリバティブ、イールドファーミング、レンディング(貸付)および保険商品にも対応する予定だという。

OOEトークンとは

OpenOceanでは、OOEトークンという独自トークンが流通している。OOEトークンは、以下の用途で利用されている。

  • コミュニティ投票:OOE保有者はコミュニティ発展に関わる投票に参加可能
  • ガス代削減・スリッページ補助:OOE保有者は、随時実施されるキャンペーンにてトレードコスト削減の機会が与えられる
  • 流動性マイニング:OOE/ETH、OOE/USDT、OOE/DAI、OOE/BNBおよびOOE/BUSDの流動性提供者は、イーサリアム、BSC、オントロジーおよびトロンチェーン上で行われる流動性マイニング・プログラムの対象
  • CEXトレードVIPメンバーシップ:OOEの大口保有者は、板取引時の手数料特典、トレード手数料補助、トークン引き出し時の手数料補助、および機関投資家向けアービトラージ取引用ツールへの限定的アクセスなどの特典を享受
  • 担保:レンディング時に担保として利用

L2ソリューション、Loopringとは

今回OpenOceanが統合を発表したLoopringとは、ZKロールアップと呼ばれるスケーリング技術を活用した、イーサリアムのL2ソリューションだ。L1のセキュリティレベルを維持すると同時に、高い処理能力も兼ね備えており、現在イーサリアム・エコシステム全体で課題として捉えられているネットワークの混雑、およびそれに伴うガス代高騰に対する解決策を提供している。

Loopringプロトコル上に構築された取引所は、ノンカストディアル(ユーザー自身が資金の管理権を所有するタイプ)の分散型取引所として機能しており、OpenOceanに統合されたオーダーブック型のDEXに加え、AMM(Automated Market Maker/自動マーケットメイカー)機能も備えている。

ZKロールアップとは

ZKロールアップとは、ロールアップと呼ばれるイーサリアムで活用されているスケーリング技術の一つだ。ロールアップでは、トランザクションをL1(イーサリアム)外で実行した後、トランザクションのデータまたは証拠をまとめてL1へ提出し、L1で検証することにより、L1のセキュリティを維持しながら、高速かつ低コストのトランザクションを可能にしている。

ロールアップには、有効なトランザクションが実行される(不正が行われない)ことを前提として機能しているオプティミスティック・ロールアップ、およびゼロ知識証明を活用することにより、トランザクション内容を全てL1に持ち込む必要なく、トランザクションの正当性を証明するZKロールアップがあるが、Loopringでは後者の技術を活用し、トランザクション処理能力を向上させている。

ZKロールアップには、オプティミスティック・ロールアップと比較して、トランザクション完了にかかる時間が少ないといった利点がある一方で、スマートコントラクト実装が難しいといった欠点もある。

関連:イーサリアム新旧チェーンの統合を優先するメリットは?ブテリン氏らが見解

詳細: OpenOcean

著者:CoinPost編集部
参考:OpenOcean

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します