バイナンス・オーストラリアに新CEO就任 コンプライアンス強化へ

新CEO就任、規制対応が優先事項

世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのオーストラリア法人は29日、新たなCEO就任を発表した。

新CEOは豪DigitalX Limited(以下、DigitalX)でCEOを務めていたLeigh Travers氏で、コンプライアンスに優先的に対応していきたいと説明している。

DigitalXはブロックチェーン技術を扱う上場企業で、仮想通貨の資産管理や、レギュテック(規制対応するテクノロジー)製品に焦点を当てている会社だ。

レギュテックとは

「Regulation(規制)」と「Technology(技術)」を掛け合わせた言葉で英語表記は「RegTech」。フィンテックの一種で、ブロックチェーンやAPIなどのテクノロジーを活用することにより、金融規制への対応をより効率的に行おうとするものである。

▶️仮想通貨用語集

「規制当局との対話は必須」

Travers氏は、DigitalXの他、豪州のブロックチェーン業界団体「ブロックチェーン・オーストラリア」の役員も5年間務めた経歴がある。バイナンス・オーストラリアCEOへの就任に際して、Travers氏は次のように話した。

私はバイナンス・オーストラリアがユーザーに提供するサービスの質に絶大な信頼を寄せており、仮想通貨への投資を考えているオーストラリア人が、まずバイナンスの利用を検討してくれるようにしたい。

業界の観点からは、コンプライアンスについて最良の方法を取るための動きを強化しながら、規制機関とも継続的に対話を行っていくことが必須だと考えている。

コンプライアンス強化を優先事項として掲げた形だ。Travers氏は、規制について以下のように続けている。

デジタル資産分野のリーダーとして、当社には仮想通貨業界の成長に寄与する責任があり、このことは政策立案者や規制当局との関わりや対話を優先することを意味している。

オーストラリアがイノベーションで世界をリードし、新たな経済分野で雇用を創出するためには、目的に合った段階的な規制の枠組みを提唱することも不可欠だ。

バイナンスはコンプライアンス強化へ

Travers氏の雇用は、バイナンスが国際的に規制対応を強化していく試みの一環とみられる。

世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスは、特に今年4月以降、各国で規制機関からの警告やサービス停止措置を受けてきた。理由としては、ある国でライセンスを持たずにその国のユーザーにサービスを提供していることが挙げられていることが多い。

バイナンスCEOのCZ氏は、今後は地域ごとに規制に準拠し、コンプライアンスチームの強化を行っていくとしている。8月には、全ての新規・既存ユーザーに対して本人確認を義務付けることも発表した。

関連仮想通貨取引所バイナンス 各国政府の警告・金融機関のサービス停止事例まとめ

著者:A.Yamada
参考:バイナンス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します