仮想通貨イーサリアム約3ヶ月ぶり40万円台に、過去最高値も視野

イーサリアム高騰

仮想通貨(暗号資産)市場で、イーサリアム価格が再び40万円を超えた。2日9時時点で前日比10%を上回り、国内で取引される主要銘柄では高騰率1位となっている。

イーサリアムが40万円を超えたのは、2021年のアルトシーズンのピークに達した今年5月以来で、再び最高値更新も視野に入る。

上昇要因としては、①トークン供給量が減少するネットワークアップデートのEIP 1559(Ethereum Improvement Proposal)の影響のほか、②レイヤー2ソリューションArbitrum Oneのメインネットローンチ、③昨今の分散型金融(DeFi)や非代替トークン(NFT)の市場規模急拡大、④上値抵抗線のブレイクなど、複数の要因が後押ししたものと思われる。早ければ2022年初には、イーサリアム2.0のステーキングシステムへの移行も控える状況だ。

ETH/USD日足

EIP-1559

新たな手数料モデルなどを導入したイーサリアムの改善案のEIP-1559は、ロンドン・ハードフォークに含まれる改善案の一つとして実装された。

ポイントは2点ある。1点目が手数料が変動する「第一価格オークション方式」の廃止、固定価格販売と呼ばれる別のメカニズムに移行した点だ。固定価格販売ではプロトコルが価格を提示されることになり、イーサリアムネットワークを利用するユーザーはネットで商品を購入するように、その価格を支払うかどうかを選択することが可能になった。

2つ目が、これまでマイナー(採掘業者)に支払われてきた提示価格の基本料金(ベースフィー)が、焼却(バーン)されるようになった点。市場に出回るイーサリアムのトークン供給量が大幅に減少することで希少価値が向上。デフレ資産性が生じるなど新たな変化を生んでいる。

執筆時点でのバーン量は、16万ETHに達し日本円にして638億円に相当する。イーサリアム自体のインフレーションレートは約4%で推移していたが、EIP-1559導入後は2%付近まで減少している。

出典:etherchain.org

CoinMetricsのデータによると、一時的に指摘があったEIP-1559に対応するトランザクション量も約50%に達しており、EIP-1559フォーマットの採用状況も良い傾向を示している。

出典:CoinMetrics

EIP-1559のより詳細の解説はこちら

市場の関心集めるイーサリアム改善案「EIP-1559」Deribitアナリストが分析
仮想通貨イーサリアムのガス改善提案「EIP-1559」が投資家の関心を集めている。7月に予定される大型アップデート「ロンドン」での実装と影響について、大手仮想通貨デリバティブ取引所Deribitのリサーチャーの寄稿内容を翻訳、解説した。

関連データも影響受けず

その一方で、EIP-1559の実装で影響が懸念されたマイニングハッシュレート(採掘速度)などの影響が、データ上で見られていないこともポイントとして挙げられる。

ハッシュレートは直近の高値を更新。難易度は17年の最高値を更新し、先週過去最高値となった。イーサリアムの保有状況も堅調で、1年間を超えてイーサリアムを中長期保有するアドレス数はますます増加しており、過去最高を更新している。

Arbitrum Oneメインネット

9月1日には、イーサリアムのレイヤー2ソリューション「Arbitrum(アービトラム)」の第1号となるネットワーク『Arbitrum One』のメインネットがローンチされた。

Arbitrum Oneは、高速な処理速度を有するネットワークで手数料が極めて低い。イーサリアムのメインネットが渋滞すると、Gas代とされるネットワーク手数料が高騰する傾向があり、ユーザーの利便性に支障をきたしてきた。Arbitrum Oneは、他のL2ネットワークと同様に、ネットワーク渋滞を解消するために開発されたL2ソリューションとなる。

関連:ビットコイン売り先行で揉み合う、NFT取引活性化でイーサリアムのガス代高止まり

特に通貨間交換需要の高いDeFi(分散型金融)市場では、UniswapやSushiSwap、Balancerといった大手DeFiプラットフォームが、相次いでArbitrum Oneの採用を発表。実用化を織り込み始めた。以下は、SushiSwapのCTOがSNSにあげたArbitrum One版のSushiSwapのスワップ事例であり、高速化は明らかだ。

Arbitrum Oneがローンチする前の今年7月には、「Optimistic Ethereum」という別のL2ソリューションがローンチされていた。Uniswapなどもアルファ版として採用しているが、Optimistic Ethereumの場合、L2からイーサリアムメインネットに出金するにあたり、7日間の期間を要する点から、ユーザーの資金運用の効率性で課題もあった。

一方、Arbitrum Oneでは、より迅速かつ自由に出金できるため、グローバルマーケットで取引する投資家などの利便性がより改善されているという点が、DeFi市場への採用率を押し上げるとの見方が出ている。

関連イーサリアムL2ソリューション「Arbitrum One」、メインネットが正式にローンチ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します