ビットコイン売り先行で揉み合う、NFT取引活性化でイーサリアムのガス代高止まり

ビットコイン相場と金融マーケット

31日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン価格は、前日比-2.75%の515万円(46,980ドル)で推移している。

21日以降は騰勢が弱まり、5万ドル付近のレジスタンスライン(上値抵抗線)で上値を重くしており、30日の下落で並行チャネルのトレンドラインを割り込んだ。

200日移動平均線の46,084ドルを下抜けた場合、サポートライン(下値支持線)の44,000ドルや5〜7月のレンジ相場上限となる42,000ドルまでに下げ止まれば、調整の範疇として上昇継続の目はありそうだが、37,500〜40,000ドルを底抜けた場合は、投資家心理含む市況感が再度急悪化するおそれも考えられる。

メジャーアルトでは、Coinmarketcap(CMC)時価総額ランキング8位のソラナ(SOL)が、前日比+17%となるなど一部銘柄は引き続き物色されたが、BTC価格に連動して連れ安となった銘柄も少なくない。

オンチェーンアナリストLex Moskovski(@mskvsk)氏は、デリバティブ(金融派生商品)市場の建玉数に対するFunding Rate(資金調達率)から、過熱感は限定的であることを示唆。「弱気筋は間違っている」と主張している。

ガス代が高止まり

DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性資産)活性化に伴い、基盤として使われるイーサリアム(ETH)が混雑しており、ネットワーク手数料であるガス代(GasPrice)の高騰が再び深刻化している。

出典:bitinfocharts.com

直近では、1回のトランザクションあたり、平均3,000円以上かかる計算だ。

Ethereum Gas Trackerのデータによると、マイナーに支払うための単位のギガウェイは、平均100〜150Gweiに達しており、これは18年4月(約3年前)水準の約10倍に及ぶ。

出典:Etherscan Gas Tracker

パレットトークン(PLT)など、イーサリアム基盤で発行されたトークンの送金手数料にも影響が生じている。パレットチェーン上では一切の手数料なくステーキング、送金、取引を行えるものの、「仕組み上、クロスチェーン完了までの手順では送金手数料が発生する」としている。

これは、NFT(デジタル資産)コントラクトの発行手数料や、コインチェックなど仮想通貨取引所からの送金手数料を指しているものと思われる。Gas手数料については、コンセンサスノードへのインセンティブとしてパレット報酬プールを介してパレットコンソーシアムへと配布される。

イーサリアムのGas代は今年5月には一時70ドル(約8,000円)に達していたが、このような水準だと、企業の提供するdApps(分散型アプリケーション)やNFTを使ったブロックチェーンゲームなどのサービス利用が敬遠され、機能しなくなる懸念が強まる。

慢性的な課題として挙げられるスケーラビティ問題は、今後のアップグレードやPoS移行にあたり改善・解消されていく見込みであるが、先日のロンドン・アップグレードでは、Gas代については根本的な解決には至っておらず、特にDeFi市場の台頭で一般ユーザーが煽りを受けた2020年夏以降は、カルダノ(ADA)、バイナンススマートチェーン(BSC)、ソラナ(SOL)、ポルカドット(DOT)などの代替チェーンへの関心が急速に高まっている。

関連:イーサリアム2.0のライバルと目される「イーサリアムキラー」とは?

Gas代高騰でデジタル資産の流動性低下に悩まされたNFTゲーム業界では、手数料を安価に抑える「ポリゴン(Matic Network)」などレイヤー2(第2層)スケーリングソリューションの導入も相次ぐ。国内ではマイクリプトヒーローズなどの人気NFTゲームを開発・運営するdoublejump.tokyo株式会社が、マルチチェーン対応を今年3月に初めて実装した。

ポリゴンは、混雑の続くETHチェーンのメインネットとは異なる拡張を持たせることでスケーラビティ問題を緩和。安価なトランザクション手数料と高速化を実現する。

一方、先行するイーサリアムのエコシステム(経済圏)の規模は他の追従を許さない。次世代ETH2.0のビーコンチェーンにおけるバリデーターノードを含め、その「分散性」では群を抜いているとの見方もされる。

Gas代高騰要因となったETH基盤のDeFi(分散型金融)やNFT(非代替性資産)市場は、これからもますます拡大していくことが想定される。

バリデータ(検証者)とは

ブロックチェーン上に記録される内容の正確性を検証するノードのこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します